更新日:

仮想通貨リスクを買うには?ビットフライヤーに上場で価格高騰中!今後の将来性・安く買える取引所

仮想通貨リスク(LSK)がビットフライヤーに上場!

2018年1月31日に、国内最大手の仮想通貨取引所であるビットフライヤーに新たにリスク(LSK)という仮想通貨の銘柄が取り扱われるようになりました。

これまでのビットコインやイーサリアムなどの通貨に加わり、ビットフライヤーでは7種類の仮想通貨を取り扱うことになりました

新しい銘柄の上場に多くの投資家が反応し、リスクの価格は急騰して市場に活気がついてきているようにも感じます。ビットフライヤーに上場したリスクという通貨について調べてみました。また、リスクをどこで買うのがお得かということも紹介します。

 


 

仮想通貨リスクの特徴

リスク

リスクは通貨略称が「LSK」と表示され、2016年に発行された仮想通貨です。元々は「Lisk」という分散型プラットフォームの中で使われる通貨として作られたもので、そこから派生してきた仮想通貨ということです。

着目したい特徴がいくつかあります。

スマートコントラクト

まず、同じく仮想通貨のイーサリアムにも搭載されている「スマートコントラクト」のシステムです。

これは、端的には取引の内容を保存できるということです。取引にリスクを使うことでその取引の内容や取引金額などをすべて保存しておくことができるシステムのことです。この技術は、ビットコインにはないため、取引に使いやすいという点でリスクやイーサリアムが注目されている要因でもあります。

 

リスク独自のサイドチェーン技術

次に、リスクには「サイドチェーン」という技術も備わっています。

サイドチェーンはリスクと比較されるイーサリアムも持っていない特徴で、メインのブロックチェーンとは別にもう一つのサブブロックチェーンを作ることができるということです。ブロックチェーンはデータどうしの繋がりでできていて一つのブロックで扱えるデータ量が決まっているため、同一の仮想通貨を使う人が増えることでブロックチェーンへの負荷も増加してしまいます。それが通貨の処理速度や送金速度などに影響を与えてしまう可能性が高まってしまいます。

メインとは別のサブのブロックチェーンを作ることができると、取引の処理性能や速度も向上することができるのです。しかも、リスクの開発に使われているプログラミング言語は一般的な開発言語である「Javascript」であるので、サブで作ろうとしても比較的簡単に開発することができるので、各企業がリスクを導入しやすいということもメリットです。

 

 

リスクの今後と将来性

リスク!1LSK=3,000円突破!

今回のビットフライヤーでの上場で、リスクは一時的に急激に価格上昇し、1LSK=3,000円を突破して投資家の注目の的になっています。世界の仮想通貨の時価総額ランキングでも、時価3200億ドルで世界で16位の通貨に成長してきています。

マイクロソフトとパートナーシップ締結!価格上昇に期待大!

リスクの持つ「スマートコントラクト」や「サイドチェーン」の技術を買って、Windowsで有名な世界的大手のマイクロソフトがリスクとパートナーシップを結ぶなどしており、大手企業からの注目も得ているようです。世界的に取り扱う取引所も増えていく中で、今回のビットフライヤーへの上場もその一つです。

これを機にリスクがより多くの投資家に知られるようになっていき、価格の上昇も進んでいくでしょう。今後の将来性も期待されている仮想通貨ということなのです。

ビットフライヤーに上場して間もない今ならまだ価格が低い内に購入しておくのが良いでしょう。特に初心者の方でビットフライヤーを始めるなら、リスクはビットフライヤーの取り扱う通貨の中でも価格が安めなので購入しやすいというのもオススメの理由です。

 

スポンサーリンク


 

仮想通貨リスクを安く買うなら

リスクを取り扱っている取引所

リスクは、2016年に発行されたまだ新しい通貨のため、日本では広まっているとはいえません。これまで取り扱っていたのが「コインチェック」でしたが、不正流出事件でコインチェックへの信用も落ちてどうなるかもわからないという状況です。

そこで、今回のリスク上場を発表したビットフライヤーが、国内の取引所で唯一購入できる取引所となっている状況です。

ビットフライヤーでのリスクの相場

ビットフライヤー リスク

上の画像は、ビットフライヤーでのリスクの購入価格と売却価格です。2018年2月1日時点で買いが1LSK=3101円、売りが1LSK=2644円で推移しています。ビットコインやイーサリアムなどに比べると手頃な価格で購入できるので、今のうちに買っておきたい通貨ですね。

しかし、実は相場と比較すると高めなことがわかりました

リスク 相場

リスク チャート

これが現時点でのリスク/日本円の相場とそれを表すチャートになります。

世界の相場では1LSK=2717円となっていて、ビットフライヤーで3100円買うよりも断然安いということがわかります。約400円も近くビットフライヤーの方が高いのです。

これは、ビットフライヤー側が相場の価格に販売価格のスプレッドを上乗せしているためです。スプレッドを上乗せしている分がビットフライヤーの利益となっているということです。これは売り値にもついており、買値と売値の価格差がスプレットを表している指標となるのです。

そのため、相場よりも高い価格で通貨を買うということになってしまいます。

ビットフライヤーは国内唯一のリスクを販売する取引所なので、登録・口座開設で簡単に購入することができますが、それゆえに強気な高いスプレッドを上乗せしているようにも感じますね。しかし、セキュリティー面や信頼性の高さからビットフライヤーで買う人がいるのだと思います。

金額の高さより国内の取引所や信頼性の高さを重視するのであれば、ビットフライヤーがオススメでしょう。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 


 

海外の取引所バイナンスが安い!

バイナンス
Binance(バイナンス)海外取引所で口座開設!仮想通貨の購入手順・メリット・デメリット

Contents1 中国発の取引所!Binance(バイナンス)とは2 Binance(バイナンス)の特徴・メリット2.1 豊富な取り扱い通貨2.2 仮想通貨の上場をユーザーが決める2.3 「取引所」 ...

続きを見る

リスクは国内ではビットフライヤーでしか取扱がありませんが、他にリスクを買える取引所がないか探したところ、海外の取引所では多く取り扱いがあるようです。そして、ビットフライヤーよりも安い価格で取り扱う取引所もありました。

オススメがバイナンスです。

バイナンスは中国をメインに展開している取引所で、今後日本にも進出してくるのでは、という噂もある大手取引所です。

特徴は何と言っても、取り扱っている仮想通貨の銘柄の多さです。なんと70種類以上もの仮想通貨が取り扱われています。多くが中国で発行された通貨がほとんどですが、世界や日本で広まっている通貨もしっかり取り扱われています。

リスクももちろん取り扱われています。他にもビットコイン、イーサリアム、リップルなども取扱があります。また、トロン(TRON)といった中国でこれから価格高騰が期待されているような銘柄もあって、非常に幅広く投資ができるのが特徴です。

リスク バイナンス

バイナンスでのリスクの相場は上の通りです。

1LSKが0.0024047BTCあたりで推移しており、日本円換算で2769円という価格になります。この金額でリスクを買うことができるということなのです。世界の相場にも近い価格で推移しています。

そうなると、ビットフライヤーでは3100円という価格だったので、約350円程度安く購入することができるのです。

バイナンスの場合、ユーザー間での取引で相場の価格も決まってくる「取引所」形式での売買なので、バイナンス側がスプレッドを上乗せするということもないので、この安さで取引が行われているということのなのです。

バイナンスでは、ほとんどの通貨の価格表示がビットコインを目安に表示されているので、価格を日本円に換算する手間がありますが、安く仮想通貨を取引できる取引所です。リスク以外のも幅広く購入できるので、オススメですね。

それに、コインチェック騒動事件で新しく資産を移行していく動きが強まると思いますが、バイナンスは新しく投資を始めるには最適な取引所だと思います。

サイトは英語がメインのページになっていますが、日本語翻訳もできるので日本人でも簡単に登録できます。また、国内の取引所のように本人確認書類を提出する前から取引ができてしまうので、日本でも利用者が増えていくでしょう。

バイナンス

 

 

 

Copyright© 仮想通貨の口座開設!~ビットコイン取引から購入の流れ~ , 2018 All Rights Reserved.