更新日:

【2018年期待】イーサリアム!相場や価格・将来性は?おすすめ取引所なども紹介

2018年に入ってイーサリアムの価格が上昇

イーサリアムだけが高騰している!?

年も明けて2018年となりましたが、年末年始はビットコインが暴落して他の仮想通貨も吊られて下落するといった少しざわついた感じもありました。ビットコインが他の通貨に大きく影響を与えてしまうのはいつものことで、各仮想通貨も価格の変動が続いてあまり安定しているとも言えない状況といえます。

しかし、そんな中でも価格が上昇し続けているのがイーサリアムです。

下の画像は、最近のイーサリアムの相場チャートになります。

イーサリアム 相場

このチャートを見ると、2017年の年末には1ETH(イーサリアム)=約80000円程度だったものが2週間で2倍近くの1ETH=約150000円くらいまで価格を伸ばしていることがわかるのです。

しかも目立った下落もなく、順調に日に日に価格の高騰が続いているということもわかります。

そして、他のビットコインが大きく下落が続いている中でのこの高騰なので、特に目立っているようにも感じますね。

今回の高騰の理由は、2018年1月19日にイーサリアムから「イーサリアムゼロ」という新しい仮想通貨が誕生するためと考えられています。

イーサリアムゼロ

このイーサリアムゼロは、イーサリアムのブロックチェーンからハードフォーク(分岐)するという形で生まれる新しい仮想通貨です。公式サイトのQ&Aの項目では、イーサリアムを所有している人が1イーサリアム=1イーサリアムゼロの条件で交換なのか、もらうことができるとされています。

※イーサリアムゼロの公式サイト

Q&Aの8つ目の項目に、イーサリアムゼロの入手方法について書いてあります。

8. How to get Eherzero?

At block height #4936270 (Greenwich time 19:00-21:00 January 19, 2018). Each ETH holder receives ETZ in the ratio of 1:1 for free.

【日本語訳】

グリニッチ時刻で2018年1月19日の19時~21時に、各ETH(イーサリアム)の所有者は無料で1:1の比率でETZ(イーサリアムゼロ)を受け取ることができます。

これが公式サイトに記載されている内容です。実際にイーサリアムゼロを受け取る際にイーサリアムと交換するという形での入手なのか、イーサリアムの所有数分のイーサリアムゼロを加えて入手できるのかといったことはわかっていません。ですが、1:1の比率で無料でもらえるとなると投資家のみなさんが飛びつくというのもわかる気がしますね。

このように、既存の仮想通貨から新しい仮想通貨が分岐するということは何度か行われてきました。ビットコインからもビットコインキャッシュなどいくつかの仮想通貨が分岐して誕生しています。そして、その分岐の際には新しい仮想通貨の価格が高騰する節があるのです

投資家がイーサリアムを買い込んでいるというのは、新しくイーサリアムゼロが誕生する際に価格の高騰が起きることを狙って早めにイーサリアムを購入しておこうという動きとして考えて良いでしょう。それゆえにイーサリアム自体の価格も高騰しているということなのです。

過去の事例を見ていくと、こういう新しい仮想通貨が誕生する時はかなりチャンスでもあります。1月19日まではまだ時間もあるので、早めにイーサリアムを購入しておくのがいいでしょう。

イーサリアムの取扱があるサイトはビットフライヤーがオススメです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 


 

イーサリアムの特徴

時価総額14兆円!仮想通貨ランキング2位

イーサリアムは、2014年に発行開始の仮想通貨で、最近の仮想通貨ブームの影響もあって急激に成長してきた仮想通貨です。

仮想通貨といえばビットコインですが、ビットコインに次いで知名度や時価総額の高さを誇ります。時価総額ランキングでは2位につけて、市場価格も14兆円超えとされており、ビットコインとともに仮想通貨の双璧に並ぶとも言われています。

イーサリアム 時価総額

 

イーサリアムはビットコインの弱点を克服できる

イーサリアム 特徴

イーサリアムの特徴として、「スマートコントラクト」というシステムを持っていることです。このシステムはビットコインが持っていない特徴であり、イーサリアムが高く評価されるファクターともされるものです。

ビットコインもイーサリアムも含めて各仮想通貨が開発されてきた背景には、各国の法定通貨の為替相場や各国の銀行の手数料などによって国家間や企業間での契約において時間がかかったり余計なお金がかかってしまうということを懸念したことがあります。

つまり、ドルや円などの既存の法定通貨をインターネット上の仮想通貨に変換して取引を行うことで、時間や金銭でのロスなく、簡単にできるようにしようということです。このために、仮想通貨を使っていこうという動きです。

そして、こういった取引や契約において、ビットコインでは取引記録のみを記録していくことができますが、イーサリアムでは取引記録だけではなく契約内容や約束の内容なども書き加えて記録することができるのです。ビットコインではできないことがイーサリアムではできるようになっているということなのです。

さらに詳しく説明します。

例えば、私たちは普段通販での買い物をしますね。Amazonや楽天などで物を購入する場合、まずは購入者がAmazonなどの仲介業者に代金を支払います。そして、支払われたことが確認できたら仲介業者は商品を持っている販売業者にその旨を連絡します。これで、支払いが済んだ上に商品を発送することで取引が完了します。

この場合、Amazonや楽天などの仲介業者が販売価格から手数料を搾取しています。そして、購入者と販売業者のやりとりも仲介業者を通して行うのでスムーズとは行きませんね。

つまり、ビットコインを使っての取引をしても、これまでの法定通貨と同じで通貨が払われた・払ったという取引記録は残っても、何に使った通貨なのかがわからないということなのです。これでは、今までの法定通貨と形だけネット上の通貨に変わっただけで大きく変化していないということになります。

しかし、イーサリアムが持つ「スマートコントラクト」のシステムでは取引記録に加えて契約内容なども記録できるので、通貨が支払われたと同時にそれがどんな支払いかもわかるようになっています。支払われた時点で販売業者から商品が発送されるようなシステムを作っておけば、仲介業者なども必要なく簡単に取引ができるということになるのです。

イーサリアムに期待を寄せる投資家の間では、ビットコインにはない「スマートコントラクト」のシステムを上手く活かしていけば、ビットコインよりも重用されやすい仮想通貨になるのではないか、ビットコインよりもイーサリアムの価値が高くなる可能性もあるかもしれないということも噂されています。

 

イーサリアムの送金速度

イーサリアム 送金速度

仮想通貨の役割は、ドルや円などの法定通貨の間のブリッジ通貨としての期待が強いです。

現状、日本国内の銀行からヨーロッパの銀行への送金をする際、円をドルに振替して、そのドルをユーロに振替するという面倒なルートで送る方法しかないないのです。こうなると、通貨間の振替の際に手数料が取られ、送金においても手数料が2回分かかって、ムダなことが多いですね。

これをブリッジ通貨である仮想通貨が担うと、インターネットを通じて仮想通貨でのやりとりができ、ムダな手数料が取られずに済むということなのです。

さらには、送金における時間のロスも仮想通貨であればスピードアップが可能です。銀行間での取引だと、振替の時間と送金の時間がダブルでかかってくるので時間が大きくロスすることが考えられます。銀行感での取引だと数時間~数日もの時間がかかるともされています。

こんなに時間がかかってしまうと、昨日まで1ドル110円だったものが翌日には1ドル100円になっていたら日本側から送金した金額だと足りないということになってしまいます。為替相場の関連する取引においては時間も重要になってくるのです。

しかしながら、仮想通貨であれば数分の送金速度で送ることができるのがメリットです。

この点でもイーサリアムはビットコインより優れているのです。ビットコインの送金速度が1時間近くかかってしまうのに対して、イーサリアムでの送金は10分ほどで完了するので、通貨の価値が変動する状況での取引において非常に有用であるといえるでしょう。

こういったメリットも、ビットコイン以上にイーサリアムの期待値が高い理由でもあります。

 

スポンサーリンク


 

イーサリアムの今後の将来性は?取引所はどこがおすすめ?

イーサリアムは1年で150倍も上昇した

イーサリアム 150倍

イーサリアムの今後の将来性を考えるには、過去を見てみると明らかになります。

先に記したように、イーサリアムは年末から2018年1月半ば現在までに約2倍の上昇率を示し、1ETH=約150000円まで伸びています。しかしながら、実は、1年前の2017年1月の時点では1ETH=950円程度の価値でしかなかったのです。

これはつまり、1年間で150倍もの価格上昇を発揮したということになるのです。しかも、この上昇率は1年間の上昇率が20倍程度であったビットコインをも凌ぐ勢いで、急激に上昇してきているということがわかるのです。

しかしながら、これはまだ序章とも言われています。ビットコインに投資して稼いだ人たちが次に上昇してくる仮想通貨を色々と予想して投資してい ますが、イーサリアムは次にブレイクする可能性の高い最有力候補ともされる仮想通貨だと考えられます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

2018年はイーサリアムが来る!

イーサリアム 2018年

2017年はビットコインが最高値の220万円にまで達し、ビットコインの年という印象になりました。しかし、仮想通貨の業界はまだまだこれからとされています。むしろこれからが本格的になっていくでしょう。

中でも、2018年はイーサリアムの価格上昇の可能性が高いと言われています。

というのも、イーサリアムが今後様々なサービスに活用されていくようになってくると予想されているからです。先述した「スマートコントラクト」のシステムや送金速度の早さ、ビットコインに次ぐ時価総額2位の仮想通貨としての認知度や信頼性の背景に、仮想通貨を使ったサービスを展開しようとする企業がイーサリアムをサービス内で使えるようにする可能性もあるからです。

実際に、イーサリアム企業連合とされるものが設立され、150社以上の大手企業がイーサリアムのブロックチェーン技術を応用した新サービスの開発を計画しているといったニュースも出たりしています。

イーサリアム企業連合(EEA)加盟企業

トヨタ自動車:トヨタ車の自動運転開発における走行履歴やセンサー情報をイーサリアムの技術応用で構築しようとする計画が進行中。

JPモルガン:アメリカ最大手の金融企業。企業向けのネットワーク構築のためにイーサリアムの技術を転用している。

マイクロソフト・インテル・IBM・三菱東京UFJグループ・MasterCard・KDDIなど、世界中で150社以上が加入。

こういったサービスへの転用の話や大企業が利用すると行ったニュースが増えれば、2018年にイーサリアムの価格はより上昇していくと考えられるのです。まさに、2018年はイーサリアムの年になると予想されるのです。

2018年もまだ始まったばかりです。まだ仮想通貨を持っていないという方も早めの購入がオススメです。ビットコインよりも価格の上昇も高まると予想されるので、ビットコインの購入を考えている人もイーサリアムを購入することをオススメします。

 

 

コインチェック不正流出騒動!だからこそ買い時!

先日、2018年1月末に国内大手の仮想通貨取引所コインチェックにて不正アクセスによる仮想通貨の流出事件が起きました。狙われたのはネム(XEM)で、被害総額が約580億円とされています。

この一件の影響で、他の仮想通貨への影響が広がり、ビットコイン始めイーサリアムの価格も下落しているという状況です。

しかし、これはずばり、仮想通貨の買い時!ということなのです。イーサリアムも1ETH=10万円台に近づく勢いで下落しており、まだ下落傾向が続くとも予想されています。

コインチェックは現在、全通貨の出勤停止の措置を取っており、利用者のコインチェックウォレットからの送金などもできないようになっています。今後、この措置が解除される時が必ず来るので、その時くらいが狙い目です

なぜなら、出金可能になったタイミングでコインチェックから送金する人、出金する人、通貨を売却する人などが多数発生すると考えられるからです。そうなると、今よりもさらに通貨の下落は進んでいくとも考えられます。

仮想通貨はなるべく安い時に買っておくことがお得なので、コインチェックの出勤停止措置解除のタイミングは見逃さないようにしましょう。


 

安全性は完璧!補償も充実のビットフライヤー

コインチェックの事件で仮想通貨の恐ろしさを実感したという方も多いと思います。セキュリティーも甘いし、補償もあいまいときたら信用もなくなってしまいます。

しかし、ビットフライヤーは安心・安全です。

コインチェックが登録・認可されていなかった国が定めている「仮想通貨交換業者」として認可を受けており、セキュリティーの面でも各仮想通貨に最先端のマルチシグネチャ技術による分散管理を採用して高い安全性があり、万が一のことがあっても複数の保険会社と提携して補償対応ができるようにもなっています。

さらには、今回のコインチェックの騒動を受けて、セキュリティー面での強化に努めるという文章も発表しました。

ビットフライヤーのセキュリティー・ファーストについて

イーサリアムを買うには「販売所」形式での取引になるので、他の取引所よりも少し高いこともありますが、安全性を重視するならビットフライヤーでの購入をオススメしたいです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

イーサリアムを安く買うならビットバンク

ビットバンクはユーザーどうしのやりとりで相場を決める「取引所」形式での購入となるので、他の取引所よりも安めに購入することができます。売り値と買値の差額も大きくなく、良心的な価格差で取引できます。

イーサリアムとビットコインはもちろん、今後の将来性も期待されているリップルも取り扱っており、コインチェックからの送金にはもってこいの取引所です。

ちなみに、ビットバンクも「仮想通貨交換業者」として国からも認められており、各通貨のセキュリティーも万全です。安全性もしっかりしているので、これまでコインチェックで取引していた方には移動先としてもオススメですね。

安全性も通貨の安さも重視するなら、ビットバンクが良いでしょう。

ビットバンク

 

Copyright© 仮想通貨の口座開設!~ビットコイン取引から購入の流れ~ , 2018 All Rights Reserved.