ライトコイン 特徴

ライトコインの特徴!今後の将来性や価格変動は期待大?近日ライトコインキャッシュ誕生!?

投稿日:

ライトコインとは

ライトコイン アルトコイン

ライトコインは、仮想通貨の中でもビットコイン以外として位置づけられているアルトコインの一つです。とはいっても、時価総額は現在世界第5位であり、アルトコインの中でもかなりの知名度と人気を持つ仮想通貨と言えます。

ライトコインは、2011年にビットコインの問題点を改良した仮想通貨として生み出されました。ビットコインは仮想通貨黎明期である2009年に作られたこともあり、様々な問題を抱えています。ブロックチェーンにおける容量が少ない問題や転送速度が遅くなる問題などです。要は、技術的に古くなっているということです。

しかも、ビットコインの場合、中央管理者がいないので、システムを新しくしたりブロックの容量を向上させたりすることができないので、今後も改善されることはないとされているのです。

そういった背景もあり、代わりとしてビットコインの欠点をなくした仮想通貨を作ろうという動きが起き、ライトコインもその流れの一つで生まれた通貨です。

 




ライトコインの特徴

ライトコインは、先述の通りビットコインの欠点が軒並み解消された通貨です。

まず、その処理能力を大幅に増強、リクエストに対処しきれずトランザクションが発生するといった事態に陥ることはありません。また、承認スピードはビットコインの4倍となって短縮、短い時間で決済を行うことができ取引により用いやすくなりました。

また、ビットコインの2100万枚という少ない発行上限も改善されて4倍の8400万枚になり、長期にわたって発行され続けることでその処理をマイニングにより支えてもらうことが可能となっています。

このライトコインのマイニングにおいても、ビットコインとの差が見られます。ビットコインのマイニングは難易度が高く、高性能なコンピューターを持った組織などにより行われています。しかし、ライトコインはその敷居を下げ、一般家庭のPCのCPUであってもある程度のマイニングが行えるよう設計されており、独占されることなく、多くの人がそれを行い利益を分け合うことが可能です。

そして、ライトコインとしてもマイニングを行う人が多くいることで、マイニングを寡占されることにより一つの組織が抜けた穴が大きくなり処理能力が大きく落ち込んでしまう、といった事態を防いでいます。安定してその取引を行い続けることができる、というメリットをマイニング難易度を下げたことにより持ったということなのです。

また、ビットコインとは異なり、しっかりとしたライトコインを運営する団体がおり、ライトコインのアップデートにも非常に熱心です。取引のスピードアップにつながるシステムなどを次々と導入し、ライトコインは発行後6年以上経った現在でもアップデートされ続けています。

つまり、今後何か深刻な問題がライトコインに見つかったとしても、すぐにその解決がなされるため、利用者が不利益を被ってしまうようなリスクはとても低くなっているのです。

最後に、開発者についても触れておきたいと思います。開発者であるアメリカのCharlie Leeは自分の造ったライトコインを盛り上げるのに非常に熱心です。大手の仮想通貨取引所を辞めてライトコインの改良に専念すると発表、自分の持っているライトコインはすべて売り払い、ライトコインが大量保有者により左右されない存在であるということもアピールしました。

さらに、ビットコインが「」であるならライトコインは「」であるという自分の考えを示し、他の仮想通貨と競争しそれらを蹴落とすのではなく、それらに無い部分を支え互いに補い合って共存していくというビジョンを目標としています。このことからCharlie Leeは多くの人に好かれており、彼が作ったライトコインもまた高い好感度を得ているのです。

 

ライトコインのメリット、デメリット

ビットコインの欠点を改善することを目的に作られたライトコインですが、それにはメリットとデメリットもあります。ビットコインの問題点が改善された完成度の高い仮想通貨でもありますが、ライトコインが生まれた後も続々と新しい通貨が生まれてきています。

ライトコインのメリット

既に高い時価総額を持ち、利用者も多くいる安定した通貨。

特に決済速度に優れ、取引に用いられる上で優秀な仮想通貨という特徴。

誰もがライトコインのマイニングをでき、そのため処理が安定していること。

ライトコインのデメリット

リップルやネムといったより処理性能の高い仮想通貨が次々生まれてきていること。

セキュリティーは他の通貨ほどの強さを持っていない。

 

 

ライトコインの分裂問題

ライトコインキャッシュ

仮想通貨の運営を担う組織における意見の対立などから、それが分裂する「ハードフォーク」というのは比較的よく起きる出来事です。これまでの代表的な事例としては、時価総額第2位であるイーサリアムからイーサリアムクラシックが分裂した事件などが挙げられます。

そして、ハードフォークがライトコインにおいても行われるという発表がなされました。

分裂して生まれる通貨はライトコインキャッシュという名称になるらしく、ライトコインよりも低い手数料を持ちマイニング難易度は高いという特徴を持った仮想通貨です。

これまでライトコインの開発はCharlie Leeを中心にまとまっており、内部分裂をするような前兆なども全くありませんでした。Charlie Leeは、このライトコインキャッシュはライトコインのハードフォークによるものではなく、単に名前を騙っただけの別物であるとツイッター上で主張し、何が真実なのかユーザーには分からず波紋が広がっているという状況のようです。

ライトコインキャッシュの開発チームは、分裂の際にライトコインを持っている人に対し1ライトコイン=10ライトコインキャッシュの割合でフォークコインを渡すということを公表していますが、これも真実かどうかは不明であり、安易に飛びつくのは避けた方が良いのかもしれません。

 

スポンサーリンク


 

ライトコインの将来性

ライトコイン 将来性

分裂問題などが騒がれ、今後しばらくはその動向から目が離せませんが、基本的にライトコインとライトコインキャッシュは異なる物であり、時間が過ぎればイーサリアムとイーサリアムクラシックのように、どちらかが潰れるようなこともなく共存することになると考えられます。

そして、現在ビットコインの欠点が徐々に明るみに出て問題視されており、将来的にビットコイン一強の時代は間違いなく終わりを迎えるでしょう。その際にビットコインの欠点を解消して作られたライトコインは、ビットコインから様々な役割を引き継ぎ、更なる利用者の増加と価格の上昇が起きることが期待されます。

 

 


-ライトコイン 特徴

Copyright© 仮想通貨の口座開設!~ビットコイン取引から購入の流れ~ , 2018 All Rights Reserved.