イーサリアムクラシック 特徴

イーサリアムクラシック(ETC)の今後の将来性は?特徴とメリット・デメリット

投稿日:

仮想通貨はインターネットが普及したことで誕生した、金融の革命とも呼ばれる新しい通貨です。

ビットコインが高騰したことをきっかけに、今後新たな経済活動の可能性に投資家たちの注目を浴びています。そして、ビットコイン以外にも続々と新しい仮想通貨が登場してきています

こういったビットコイン以外の通貨はアルトコインと呼ばれ、次に高騰が期待できる通貨としてアルトコインの急成長や将来性を期待する声が挙がっているということなのです。

今回は、アルトコインの中でも注目すべき「ETC(イーサリアムクラシック)」について紹介していきます。

 


ETC(イーサリアムクラシック)って?

イーサリアムクラシック

ETC(イーサリアムクラシック)は、ETH(イーサリアム)から分裂して作られた通貨であるため、システムや特徴を知るために、まずイーサリアムを理解しておく必要があります。

イーサリアムは仮想通貨の時価総額ランキングで第2位とされビットコインと並ぶ仮想通貨です。

しかし、特徴の部分ではビットコインと異なる点も多く、ブロックチェーン上に様々な用途を想定した機能が付随しています。その一つが「スマートコントラクト」と呼ばれるユーザーが独自に定めた契約によるトレードを可能し、資産の安全性を高めた柔軟性のある通貨です。取引完了まで、契約内容を記録・管理出来るという優れた面があります。

このようにイーサリアムはプロジェクト全体の名称になり、ブロックチェーンのプラットホームの利用手数料として使用されているのが「ETH」です。

そして、イーサリアムクラシックはイーサリアムのシステムをベースに新たに作られたより安全性、セキュリティを重視された通貨です。通貨の単位は「ETC」が使われています。

 

イーサリアムとイーサリアムクラシックは同じなの?

先述のように、イーサリアムクラシックは元々はイーサリアムとして一つ仮想通貨でした

そのため、イーサリアムクラシックはイーサリアムと基本的な特徴は同じです。仮想通貨としての大きな特徴は通貨を取引する際に契約内容を保存し、実行まで行うことです。このシステムにより、ビジネス上で契約書に書かれている内容を改ざんしたり、偽造されるという問題を回避することができます。

これは、イーサリアムではネットワーク上のブロックチェーンに、ひとつひとつの契約内容が保存され続けます。そしてイーサリアムの最大の特徴は、中央機関を介さずユーザーの契約内容を自動執行出来るという点が理解できますね。

このシステムに賛同している世界中の大企業もビジネスに導入しています。実際に、2015年にはマイクロソフト社がクラウドサービスにおいて、イーサリアムを容易に利用するシステムを提携しました。日本ではトヨタ自動車や三菱UFJフィナンシャルグループも導入を発表しており、これによりイーサリアムの普及が加速しました。

このようなビットコインよりも優れた特徴を持ち合わされているにもかかわらず、元々は同じだったイーサリアムとイーサリアムクラシックが二つに分かれてしまったのには互いの思想の違いがあったと言われています。

それでは何故、イーサリアムとイーサリアムクラシックの分裂が内部で起きてしまったのでしょうか?

 

イーサリアムとイーサリアムクラシックの違いとは?

ETH ETC

イーサリアムとイーサリアムクラシックの分裂は、2016年の6月に起きたハッキング事件が深く関与しています。

イーサリアムのプラットホームを使って生まれた「THE DAO」という仮想通貨を経由して、ETHが約52億円分も引き抜かれるというハッキング事件が起きました。この事件を発端に、イーサリアムプロジェクトは二つに分裂されたのです。

ハッキング事件に対処するために、イーサリアムの管理者側は「ハードフォーク」という処理を行います。これは52億円分のイーサリアムが抜き取られる以前の状態に通貨の状態を戻してしまうというもので、ハッキングされた52億円分の通貨はイーサリアムとして使えない状態にしてしまうという方法です。

実は、この処理がイーサリアムクラシックが生まれるきっかけとなるのです。

そもそも仮想通貨は、中央管理者がなく誰にも介入されないことで通貨の信用が保たれていました。しかし、ハードフォークを行うことは運営管理側が強制的に通貨への操作を行うということになり、通貨の信用が保たれなくなってしまうという反対の意見もあったのです。

つまり、ハッキングされたとしても誰にも介されていない信用の保たれたイーサリアムであるべきだというユーザーもいたということなのです。

こういった意見者が集まり、イーサリアムから分裂するという考えでイーサリアムクラシックが作られる事になったのです。

スポンサーリンク


 

 

イーサリアムとイーサリアムクラシックどっちを買う?

イーサリアムが仮想通貨の中でビットコインに次ぐ時価総額2位の地位まで登りつめたのに対し、イーサリアムクラシックはイーサリアムより圧倒的に少ないです。またマーケットも小さいため、「今後縮小するのでは?」という不安要素もあります。

ですがイーサリアムとは違い、通貨の発行限度を定めた金融政策を発表しました。

発行数が定められているということは、新システムを拡張するための投機的資金投入を促すとも言われています。これが実現化出来れば、より多くの人が参入し、安全性、信頼性をより確実になります。

例えば、発行枚数の限度が定められると、通貨の消費が増えれば、残りの通貨の価値はおのずと上がってくるわけです。

このような理由でイーサリアムクラシックに魅力を感じているユーザーも多いのです。

 

 

イーサリアムクラシックの今後の将来性は?

イーサリアムクラシック 将来性

現在はNEMのコインチェック事件発覚以降、仮想通貨全体の価格は下がってきています

ですが、アルトコイン市場の拡大とともにイーサリアムクラシックの価格高騰が起きています。また今年に入って、イーサリアムクラシックがエアードロップを発表したのも上昇の起因になっています。ETCハッシュレート(採掘速度)に深く左右されますが、3月上旬ではないかと言われています。

そして新たにCallistoという新通貨も追加される可能性があります。

また、イーサリアムとイーサリアムクラシックは類似しているシステムですので、良くも悪しくも貨幣の動きは互いの要因を引き寄せてしまうことですね。イーサリアムが上がれば、イーサリアムクラシックが下がる時もあります。またどちらかに不安要素が残れば、影響は必ずでてきますので、この二つの動きを同時に見ていきましょう。

 

 

-イーサリアムクラシック 特徴

Copyright© 仮想通貨の口座開設!~ビットコイン取引から購入の流れ~ , 2018 All Rights Reserved.