ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュを買いたい!オススメ取引所は?特徴・今後の将来性・価格上昇の期待度

更新日:

ビットコインから生まれたビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュ

私は仮想通貨を始めてまだ間もないのですが、慣れてきたことで多くの仮想通貨の銘柄を目にすることが増えてきました。

仮想通貨の代名詞といえば「ビットコイン」ですが、各通貨の名前に注目すると「ビットコイン」とついた通貨がたくさんあることが気づきます。名前にちなんでかなにかで非常に多くの種類の「ビットコイン」のついた銘柄があります。

「ビットコイン」とついた通貨

ビットコインキャッシュ・ビットコインゴールド・ビットコインダーク・イービットコイン・ビットコインZ・ビットコインプラス・ビットコインスクリプト・ビットコインレッド・ビットコインファスト・ビットコインプラネット・ライトビットコインetc

これらの通貨は本家のビットコインとは関係ないけども、ビットコインの人気や知名度の上昇にあやかりたいということで「ビットコイン」とつけられた銘柄もあれば、本家のビットコインから分岐・派生して生まれた通貨という銘柄もあります。

中でもビットコインキャッシュは、2017年に分岐した新しめの通貨であるにも関わらず、仮想通貨の時価総額ランキングでも第4位に位置する通貨となり、本家のビットコインと同様に高い人気を集める通貨となりました。

 


ビットコインキャッシュの特徴

ビットコインキャッシュは、2017年8月1日にビットコインから分裂(ハードフォーク)した通貨で、ビットコインから初めて分裂した通貨銘柄です。分裂した理由として、ビットコインのアップデートが挙げられます。

本家のビットコインはブロックチェーンにおける容量不足が懸念されていました。ブロックチェーンの1ブロックの容量不足ということです。これにより、決済や取引においてのスピードが遅れたり、セキュリティーが弱くなったりという欠点があったのです。

そこで、基本的にはビットコインと構造を似た状態で、1ブロックの容量を増やした通貨を作ることで生まれたのがビットコインキャッシュです。アップデートといっても本家のビットコインもビットコインキャッシュも別々の通貨として扱われ、分裂して新しい通貨ができたということになるのです。

ビットコインキャッシュが持つ特徴は以下のとおりです。

●1ブロックのサイズ容量が8MB(BTCの8倍

●リプレイアタックに強い(セキュリティ強化)

ビットコインキャッシュは、ブロックごとの容量増加によって転送スピードがビットコインの8倍も向上し、取引や決済が早くできるようになりました。また、このアップデートでセキュリティの強化も行われました。

 

次々とビットコインが分裂(ハードフォーク)している

ビットコインから分裂してビットコインキャッシュが生まれたことを始め、ビットコインからの分裂(ハードフォーク)は何度か行われています。2017年10月にビットコインゴールド、11月にビットコインダイヤモンドという通貨が分裂によって誕生しています。

こういった分裂は今後も行われる可能性があるとされ、分裂したビットコインキャッシュやゴールドからの分裂ということもあるかもしれないそうです。

というのも、この分裂にはビットコインを巡る利権をきっかけに起こっているようです。

現状、ビットコインはマイナーと呼ばれる人間がマイニング(採掘)することで発行され、それをブロックチェーン内のブロックに送金などのデータ処理を行うという形で取引が承認されるというシステムになっています。マイナーはこの作業をすることに対する手数料を受け取って利益を獲得していますが、この利益は4年に1度の間隔で半減していく仕組みに設定されているのです。

そのため、ビットコインを分裂(ハードフォーク)することで、ブロックチェーンの容量を拡大することで取引量を増やし、手数料の増加を狙いたいというわけなのです。

今後、仮想通貨全体が世界中の経済に浸透していくことで取引量も増加していくことは予想できます。ブロックごとの容量拡張でより多い取引量と手数料増加を狙うために分裂が度々起きるのではないかと考えられています。

 

スポンサーリンク


 

ビットコインキャッシュの将来性

2018年はビットコインキャッシュの年かもしれない!

ビットコインキャッシュは、ビットコインが抱えていた問題点を改善した通貨として生まれました。それゆえ、ビットコインに投資していた人々がビットコインキャッシュに移行してきています。

今後、この傾向は顕著となり、将来的にビットコインキャッシュがビットコインに変わっていくのではないかという噂もあります。

また、現在は仮想通貨市場の熱も少し落ち着き、価格も以前よりも下がってきているので、改めてビットコインキャッシュへの投資のチャンスでもあるといえます。

対して、ビットコインはブロックの容量が1MBから増量するということもなく、取引や送金での遅れが増加している問題が次々に顕在化してきています。「今後、ビットコインの価格が急落する」といった予測も出ており、ビットコインキャッシュが代わりに台頭するということも言われているのです。

 


 

国内でビットコインキャッシュが買える

ビットコインキャッシュは、日本の仮想通貨取引所でも取り扱われています。ビットコインから初めて分裂したということもあり、多くの取引所で取り扱われています。

ビットコインキャッシュだけではなく全ての仮想通貨への投資で言えることですが、仮想通貨を購入する際は金融庁が定めた「仮想通貨交換業者」として登録・認可されている取引所かを確認しましょう。2018年1月のコインチェックの流出事件以降、金融庁も厳しくなっていると思いますが、セキュリティー面での信頼性の高い取引所を選ぶのがオススメです。

ビットフライヤーは安全性が高く補償も充実!

コインチェックの事件では、出勤停止措置のせいで日本円も仮想通貨も引き出せず、下落する価格チャートを見るだけという仮想通貨の恐ろしさを実感したという方も多いと思います。セキュリティーも甘いし、補償もあいまいときたら信用もなくなってしまいます。

ビットフライヤーは、より安全性を強化し、補償も充実しているので安心して取引ができると思います。

国が定めている「仮想通貨交換業者」として登録しており、セキュリティーの面でも各仮想通貨に最先端のマルチシグネチャ技術による分散管理を採用して高い安全性があり、万が一のことがあっても複数の保険会社と提携して補償対応ができるようにもなっています。

セキュリティー面での強化に努めるという文章も発表し、充実性・安全性は十分だと判断できます。

ビットフライヤーのセキュリティー・ファーストについて

ビットコインキャッシュを買うには「販売所」形式での売買になるので、他の取引所よりも少し高いこともありますが、高い安全性を重視するならビットフライヤーでの購入がオススメです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ビットコインキャッシュを安く買うならビットバンク

ビットバンクはユーザーどうしのやりとりで相場を決める「取引所」形式での売買となります。ゆえに、他の取引所よりも安めに購入することができます。スプレッドもついてないので、売り値と買値の差額も大きくなく、少ない価格差で取引できます。

ビットバンクではビットコインキャッシュはもちろん、イーサリアムやリップルも取り扱っており、様々な銘柄の通貨を「取引所」形式で買うことができてお得です。

ちなみに、ビットバンクも「仮想通貨交換業者」として国からも認められていて各通貨のセキュリティーも万全です。安全性もしっかりしているので、安全性も通貨の安さも重視するなら、ビットバンクが良いでしょう。

ビットバンク

 

 


 

-ビットコインキャッシュ

Copyright© 仮想通貨の口座開設!~ビットコイン取引から購入の流れ~ , 2018 All Rights Reserved.