コインチェック 出金

コインチェック 出金再開

コインチェックが日本円の出金再開へ。401億円が出金完了、事業継続を示唆!

更新日:

2/13、コインチェックの日本円出金再開

仮想通貨取引所のコインチェックは、顧客のネム(XEM)通貨の不正流出事件以降、日本円や他の仮想通貨を含む全通貨の出金停止措置を行っていましたが、2月13日に顧客から預かっている日本円の出金の再開を開始しました。

13日当日に出金された日本円は総額で約401億円とされ、2月11日までに行われた出金手続き申請分までのものとされています。引き続き出金が行われていきます。

しかしながら、今回の出金再開の対象は顧客がコインチェックに預けていた日本円の資産だけの出金再開であり、他の仮想通貨はまだ出金・売買ができない状態となっています。


金融庁への業務改善計画の提出

コインチェックは同日13日に、金融庁への業務改善計画を提出しました

提出した業務改善計画の内容として、原因の究明・顧客への対応・経営管理体制の強化・再発防止策といったことが盛り込まれており、先月に金融庁から通達された業務改善命令に応える形での改善計画の提出となりました。

業務改善計画の中身についての具体的なことは明言されなかったものの、今後は金融庁の反応を待つ形となり、金融庁からの追加処分の検討ということもあるかもしれません。

 

他の仮想通貨の出金再開のめどは示さず

顧客の日本円の資産出金を再開したコインチェックですが、ビットコインを含む他の仮想通貨の出金や送金、売買取引の再開に関しては具体的なめどが示されず、「外部の強力のもと、セキュリティーの安全性を確認中」としました。

日本円においては顧客の資産保護がされており、出金再開ができたのは前進したといえるものの、他の仮想通貨に関してはまだ顧客保護がされているのかどうかわかっていないという状況という感じです。

顧客のほとんどが日本円よりも仮想通貨の資産の方が保有している額が大きいので、不安が高まるのはわかります。

コインチェックには早期に再開を目指して欲しいところです。

 

スポンサーリンク


 

13日会見で事業継続を示唆、なお残る課題も多い

コインチェック大塚氏、事業継続を示唆

コインチェック 大塚

コインチェックの大塚取締役は13日夜の会見で、「継続して事業をしていきたい」という意志を表しました。

今回の流出事件で、コインチェックは約580億円のネム(XEM)を失い、その損失は過去の流出事件の中で最大の損失額とされ、一時は「コインチェック 倒産」や「コインチェック 破産」といった噂も飛び出ました。

しかし、今回の会見で事業継続をする方向で進めていることを示唆し、倒産や破産申請における噂や意図を否定しました。これには顧客も少しは安心できたかもしれません。

今後、正式な仮想通貨取引所として運営できるように、金融庁の示す「仮想通貨交換業者」としての登録・認可を目指していくようです。

 

流出したネムの補償時期について

大塚氏は、会見で出た「ネムの補償時期」についての質問に、「ある程度のめどはついた」としながらも「正式な形として報告する」として、具体的な時期については明言しませんでした。

また、補償に充てるための自己資産も確保できているとし、NEMとしてではなく、日本円としての補償・返金という形が行われるようです。今後、ネムの補償についても近いうちになんらかの報告や発表があると思われます。

しかし、ネムを含めて仮想通貨の管理体制がしっかり顧客と自社での資産を分別管理できていたかという点で疑問視されている部分もあります。日本円に関してはしっかり分別管理されていたということで今回の出金再開に踏み切りましたが、仮想通貨に関してはその点もどうなっているのかをしっかり明言して欲しいところですね。

 

 


 

-コインチェック 出金再開

Copyright© 仮想通貨の口座開設!~ビットコイン取引から購入の流れ~ , 2018 All Rights Reserved.