ネム 交換

コインチェック不正流出のネムがダークウェブで5億円分交換される!?犯人ハッカーが独自交換所設立

更新日:

コインチェック不正流出のネム(NEM)が交換される

不正流出のネム(NEM)が5億円分交換を確認!

コインチェックのネム(NEM)不正流出事件から約2週間が過ぎ、流出の犯人がネムの別通貨への交換を行った模様です。

2018年1月26日に日本国内最大手の仮想通貨取引所コインチェックからハッキングによって流出されたネム(NEM)は約580億円分とされており、今回の別通貨への交換にはそのうちの5億円分の交換が行われたという疑いがあるようです。

この交換の際、「ダークウェブ」と呼ばれる匿名性の高いサイトを利用して、流出したネムとまたも匿名性の高い仮想通貨への交換が行われたという流れとのことです。コインチェックから盗まれた、いわゆる「汚れたお金」だったネムをマネーロンダリング(資金洗浄)することに成功したということになります。

 


流出事件後からNEM財団やホワイトハッカーが追跡・監視

日本人 ダークウェブ

今回のコインチェックからのネムの不正流出事件後、NEM財団(ネムの発行元)はすぐに流出したネムの追跡と監視を始めました。

ネム(NEM)には全ての通貨に識別番号のようなものがあり、流出したネムも同様に番号がついています。NEM財団は協力的なホワイトハッカーの働きで流出したネム通貨を識別できるようにマーキングを行い、犯人がどこのウォレットからどこのウォレットに移動させているのか、管理しているのかといったことも把握できるようにしていました。

このため、犯人側は盗んだネムが監視されているため、現金化すると身元がバレてしまうリスクがあって身動きできない状態になりました。

これに対し、犯人はネムを小規模な枚数で多くのウォレットに振り分けたり、別のウォレットに移動させたりという撹乱行為を行うような動きを見せるという事もあったそうです。

 

流出事件犯人ハッカーがネムの資金洗浄を模索

流出事件後に金融庁は、流出したネムが国際社会においてのマネーロンダリング(資金洗浄)に使われる可能性があるという懸念を示しました。この警告はネムを仲介の通貨として別の通貨から通貨への資金洗浄に使われるという意味として出されました。

しかし、流出の犯人も同様に考えていたようで、犯人がネット上で流出したネムを他の仮想通貨との交換を持ちかけていたという形跡があるということもわかり、マネーロンダリングを使って盗んだネムの現金化の手段を模索しているといった指摘もありました。

マネーロンダリングとは

マネーロンダリングは、そのまま和訳すると「資金洗浄」という意味となります。よくある話が犯罪などで表には出せない金を資金の出所の分からない状態にして改めて使える金にするための行為を指します。汚れた資金を金塊や株などに変えたり、他人名義の口座を利用して送金したりしてカモフラージュすることがあります。

今回の場合、流出したネムの通貨を取引の記録などが残らない匿名性の高い仮想通貨と交換して出所をわからなくすることでマネーロンダリングを行い、交換した匿名性の高い仮想通貨を現金化することで、もともとネムだったものを現金に換金することができるということなのです。

 

スポンサーリンク


 

流出ネムはダーク・ウェブを介して交換された

ダークウェブ ネム

2/9に警視庁の報告では、流出したネムの一部が別の仮想通貨に交換されたことが確認されたとのことです。交換された額は5億円以上とされています。ネム以外の仮想通貨に変えられてしまったとなると今後の追跡や監視が難しくなってしまいます。

仮想通貨の種類には「モネロ」や「ダッシュ」といった匿名性が高く、取引記録が残らないため、こういった通貨に交換されているとすると、犯人や交換された通貨の所在なども追跡することはできず、交換後に通貨が現金化されたとしても犯人がわからないままだということです。

そして、注目したいのがこれらの交換がNEM財団の追跡や監視の中で行われたということです。

どうやって監視の中でネムの交換したのか?

実は、犯人のハッカーは「ダーク・ウェブ」の闇サイトを介して通貨の交換を実現させ、監視の目をすり抜けてマネーロンダリングに成功しているということです。

ダーク・ウェブとは

私達がいつも閲覧しているWEBサイトは、ネットワーク上ではほんの一部でしかありません。ネットワーク上でGoogleなどの検索エンジンでは表示されることがない部分を「ディープ・ウェブ」と呼び、さらに特定のソフトを使わないとアクセスできない領域に「ダーク・ウェブ」があります。

「ダーク・ウェブ」はその名の通り闇ウェブとして、強力な匿名性から多くの犯罪者が利用するようになり、違法薬物の売買や武器の売買、殺人や誘拐の依頼などの様々な犯罪の依頼や請負が横行しています。

今回のマネーロンダリングも犯人が「ダーク・ウェブ」の闇サイトで通貨の交換できないか模索した結果、追跡・監視を逃れて水面下で交換が行われたと推測できます。

これにより、追跡と監視を行ってきたNEM財団は交換された後の追跡ができなくなってしまったということになるのでしょう。

 


犯人が独自で交換所を立ち上げて交換している

ダーク・ウェブ 交換

「ダーク・ウェブ」は非常に匿名性の高い領域となり、そこにアクセスするには米軍が開発した「Tor(トーア)」という特定のソフトウェアを使わないとならず、アクセスすると完全に匿名化されて追跡等はできなくなるとされています。

そんなダーク・ウェブの中で、流出事件の犯人とされるハッカーは独自の仮想通貨交換所を立ち上げ、そこで流出したネムを他の仮想通貨と交換しているようです。しかも、通常のネムの価格の15%割引価格での交換ということで多くの人間に呼びかけているそうです。

この噂は広く拡散しているようで、ツイッターでも見つけることができました。

コインチェックからの流出後は、犯人がどうネムをさばいて現金化していくのか、NEM財団の監視の目をすり抜けるのかといったことが言われていましたが、2週間足らずで別の通貨との交換が行われてしまったため、現金化ももうすぐでしょう。

 

流出したネムを日本人が交換していた

そして、流出ネムを15%引きで交換できるということで、「ダーク・ウェブ」を利用して交換したという日本人男性がいるということを警視庁が明らかにしました。

警視庁が任意での事情聴取を行い、男性は流出したネムを手持ちの「ライトコイン」という仮想通貨と交換していたようで、男性本人も交換したネムがコインチェックから流出したものだという認識はあったようです。

「ダーク・ウェブ」に入ることができるようなWEBの知識の深い人は一握りかもしれませんが、日本でも一定数いるようなので、流出したネムを交換したという動きが今後も出てきそうですね。

このように世界各国でネムを交換しているという実例が出てきています。すでに5億円以上も交換されているようで、まだ580億円の1%程度でしかありません。今後もこういった動きが続く可能性があり、警視庁はより警戒を強化しているということです。

 


 

-ネム 交換

Copyright© 仮想通貨の口座開設!~ビットコイン取引から購入の流れ~ , 2018 All Rights Reserved.