Binance 口座開設

Binance(バイナンス)海外取引所で口座開設!仮想通貨の購入手順・メリット・デメリット

更新日:

中国発の取引所!Binance(バイナンス)とは

Binance(バイナンス)は中国の仮想通貨取引所で、2017年7月に設立されたばかりのまだ新しい取引所です。新しいとはいっても勢いは凄まじく、たった5ヶ月程度で仮想通貨の取引量で世界一にもなりました

中国人のみならず、海外の投資家も参入できるように複数の言語が表示できるようにサイトが作られており、日本でも利用者は増加してきています。これからますます利用したい人が増えてくると思うので、Binance(バイナンス)の特徴やメリット、口座開設方法などを調べてみました。

 

Binance(バイナンス)の特徴・メリット

豊富な取り扱い通貨

通貨 種類

Binance(バイナンス)は、何と言ってもとても豊富な仮想通貨の種類を取り揃えています

その数で約90種類以上で、日本の取引所でも取り扱われているビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコインなどを始め、中国で発行された通貨や他の海外の通貨などを含めて幅広い仮想通貨への投資ができるのが一番の特徴と言えます。

日本の仮想通貨取引所で投資できる通貨が10種類程度なので、かなりの数の仮想通貨を取り扱っていることが明らかですね。これだけ多くの仮想通貨を扱っていることが取引量で世界一になる要因とも言えます。

 

仮想通貨の上場をユーザーが決める

取り扱い通貨が多いBinance(バイナンス)では、定期的に新たな仮想通貨の上場が行われます。その際に、上場する通貨をユーザーの投票で決めるというイベントが月1回行われているのです。

このイベントは「Community Coin of the Month」というもので、ユーザーが自分の好きな通貨や上場させたい仮想通貨を投票して人気1位となった通貨を上場させるという流れになっています。

最近では2017年12月初めに行われ、投票で「LEND」という通貨が1位となり、Binance(バイナンス)に上場したそうです。

こういったイベントがあることも取り扱う通貨が増えていく要因のようです。

 

「取引所」形式でスプレッドがない

Binance(バイナンス)は、基本的にユーザー間での取引で価格が決まる「取引所」形式での売買が行われています。

ビットフライヤーなど日本の取引所は、スプレッドを付加した「販売所」形式での売買を行っていることもありますが、Binance(バイナンス)ではスプレッドといったものはついていません。

そのため、取引する通貨の相場に近い価格での取引ができるのもメリットの一つです。

スプレッドがついた日本の取引所よりも安く購入できるという部分も日本人のユーザーが増えている理由なのでしょう。しかも、通常の取引手数料も安めに設定されているのが嬉しいところです。

 

日本語にも対応している

Binance(バイナンス)の取引サイトは、サイト表示の文字が全て英語となっています。

しかし、サイト右上に「Google翻訳」マークがあり、クリックして他の言語表示に切り替えることができます。ここで日本語を選択することでサイトが日本語表示に変えることができます

バイナンス 日本語表示

これで、英語を読み解きながら取引していくような面倒もなく、日本語で簡単に使うことができるのも特徴です。

 

スポンサーリンク


 

Binance(バイナンス)のデメリット

Binance(バイナンス) デメリット

Binance(バイナンス)を実際に使ってみると、少し使いづらいと感じてしまう部分もありました。

レートの表示がビットコイン換算

Binance(バイナンス) レート

上の画像はBinance(バイナンス)の取引ページです。

これを見ると、価格表示の部分に「0.00....」といった細かい数字が入っています。これが各通貨の価格やレートを表しているのですが、全てがビットコインで表示されているのです。

Binance(バイナンス)では、仮想通貨を購入するには基本的にビットコイン(BTC)を使うようになっています。法定通貨であるドルや円などよりもビットコインを入金して、ビットコインで他の仮想通貨を購入するのです。つまり、日本円で取引することができないのです。

そのため、日本人ユーザーが通貨を買うには、国内の取引所で日本円をBTCに換金してから、Binance(バイナンス)に送金するという手間があるということがあるようです。

また、Binance(バイナンス)のチャートや板の表示も全てBTC表示になっているので、ビットコイン換算で表示されている価格を日本円に計算してからでないと価格がすぐにわかりにくいのです。

 

 

Binance(バイナンス)で口座開設するには

それでは、Binance(バイナンス)での取引をするために口座開設を行っていきましょう。

Binance(バイナンス)の公式サイトのトップページは上の画像のようになっています。まずは、ここを開きましょう。

 

アカウント登録

まずは、トップページからアカウント登録をしていきます。

バイナンス 登録

トップ画面中央の「アカウントを作成する」をクリックします。

バイナンス アカウント

そして、メール登録を行います。上から、メールアドレス・パスワード・パスワードの確認で入力していき、同意のためのチェックもして「登録」をクリックしましょう。

バイナンス メール確認

すると、登録のためのメールを送信した画面に切り替わります。登録に使用したメールアドレスを確認してみると、Binance(バイナンス)からのメールが届いています。メールが確認できたら、「Eメールを確認します」をクリックします。

バイナンス メール

再びサイトが開き、メール登録が完了したことになります。そして、実際にログインしていくことになります。

バイナンス ログイン

「ログイン」をクリックすると、先程登録したメールアドレスとパスワードの入力が求められます。入力して、「ログイン」ボタンをクリックし、ポップアップで出て来るパズルのスライドを合わせます。

Binance(バイナンス) ログイン画面

ログイン パズル

すると、セキュリティーに関することや同意事項などへのチェック項目が載ったページが表示されるので、全てにチェックして「I understand,continue」で進みます。

Binance(バイナンス)のアカウントページが表示されて、ログイン完了となります。

Binance(バイナンス) マイページ

 


2段階認証でセキュリティー強化

Binance(バイナンス) 2段階認証

ログインしてBinance(バイナンス)のアカウントページが表示されると、上のようなポップアップ表示がされます。これは、2段階認証を勧める表示で、セキュリティーのために2段階認証設定を行っておきましょう。

2段階認証も2つの方法があるみたいですが、左手の「Googleの認証」を選択して、「Google認証」での認証が簡単にできます。

 

専用アプリ「Authenticator」をダウンロード

Binance(バイナンス) 2段階認証アプリ

 

Binance(バイナンス)のQRコードをスキャン

Binance(バイナンス) スキャン

 

Binance(バイナンス)のバックアップキーをメモする

Binance(バイナンス) メモ

 

2段階認証を完了させる

Binance(バイナンス) 2段階認証

概ねの流れは上記のとおりです。

専用のアプリ「Authenticator」をダウンロード、表示されるQRコードをスキャン、バックアップキーをメモしておいて、最後にバックアップキー・パスワード・2段階コードを入力して、「Googleの認証を有効にします」を押せば、Binance(バイナンス)での2段階認証が完了となります。

 

Binance(バイナンス)では本人確認が必要ない

Binance(バイナンス)では、ここまでの手順で登録と口座開設が完了となります。

お気づきになったと思いますが、実はBinance(バイナンス)には本人確認という手順がなくても取引できてしまうのです。

日本国内の仮想通貨取引所では、登録や口座開設の際には通常の銀行口座の手続きと同じように、本人確認が徹底されており、運転免許証や保険証などの書類を提出することが必要になっています。しかし、Binance(バイナンス)は海外の取引所であり、非常に多国籍な人が登録してくるため、取引額が「2BTC」以内までであれば、本人確認といった行程を踏まずに登録・口座開設ができてしまうということなのです。

「2BTC」は150万~200万(2018年2月時点)ほどの金額です。これ以上の大金での取引などを行う場合、本人確認を求められます。

Binance(バイナンス)の本人確認登録画面

本人確認 バイナンス

Binance(バイナンス)の本人確認書類の提出画面では、中国の書類を見本にしているようですが、イラストと同じように書類の表面・裏面を交互に写真でアップロードし、さらに書類を持った本人の顔写真も提出する必要があるようです。

これらの本人確認書類の提出が完了すると、「2BTC」以上の取引も可能になるということなのです。

しかしながら、Binance(バイナンス)で初めて取引する際に、最初の本人確認がないというのはすぐに取引を始めるという方には簡単で早くて嬉しいですね。

 


 

Binance(バイナンス)へ入金する

それでは、実際に取引のための準備をしていきましょう。

まずは、Binance(バイナンス)で取引をするために必要なビットコイン(BTC)を用意し、Binance(バイナンス)の口座に入金します

Binance(バイナンス)でBTCのアドレスをコピー

Binance(バイナンス)のトップページから、「ファンド」→「残高」をクリックして進みます。

Binance(バイナンス)の残高ページが表示されると、各通貨の資産状況が把握できます。ここで通貨の入金や出金、取引を行います。ビットコインの入金を行うために、赤枠で囲った「入金」をクリックしましょう。

ログイン 入金

続いて、ビットコイン管理画面に表示される「BTC預金住所(アドレス)」と書かれた英数字のコードをコピーします。

バイナンス ビットコイン

 

ビットコインをBinance(バイナンス)へ送金

Binance(バイナンス)にてビットコインの入金先のアドレスコードをコピーできたら、所有しているビットコインを管理している仮想通貨取引所から送金していきます

国内のビットフライヤーを始め、各取引所では仮想通貨の送金や入金が簡単にできます。送金先のアドレスを入手し、それを取引所の送金ページでコピペして送金するだけです。

ビットフライヤーの送金画面例

ビットフライヤー 送金

ビットフライヤーを例にすると、ビットフライヤーの「入出金」ページから「BTCご送付」を選ぶと、上の画像のようなページになります。

手持ちのビットコインの残高と送付先のアドレス入力フォームが表示されるので、このアドレスの入力フォームに、先にコピーしておいたBinance(バイナンス)の入金用アドレスを入力します

そして、送金するビットコインの金額を決めて送金するだけです。他のコインの入金や送金の行程でも同じ方法になります。

これで、Binance(バイナンス)にビットコインが入金されます。

入金されたビットコインを使って、各通貨の購入をしていきましょう。

 

 

Binance(バイナンス)がオススメ!

Binance(バイナンス)は、今後も取り扱い通貨を増やしていくことが予想されます。それに伴って取引量も増加していくでしょう。

取り扱っている仮想通貨もまだ価格が安いものがほとんどです。これから仮想通貨がどんどん注目を集めていくことで価格の上昇が見込める通貨もたくさんあります。今からでも早めの投資が将来に繋がるでしょう。

日本でも本格的に進出・展開してくる噂もあるので、日本進出でさらに価格上昇の可能性もあります。

今のうちにBinance(バイナンス)での仮想通貨投資を始めておくのもオススメです。

バイナンス

 

 

-Binance 口座開設

Copyright© 仮想通貨の口座開設!~ビットコイン取引から購入の流れ~ , 2018 All Rights Reserved.