不正流出

仮想通貨 ニュース

コインチェックが倒産!?580億円流出で問われる返済能力!気になる返金補償は?

更新日:

波紋広がる!コインチェック580億円不正流出!

先日、速報としてお伝えしましたが、1月26日未明に国内大手の仮想通貨取引所であるコインチェックから仮想通貨「ネム(XEM)」の不正流出事件が発生しました。被害額は5億ネム(XEM)、日本円換算(当時のチャート)で約580億円分と言われています。

犯行は1月26日の0時過ぎに行われたようで、不正アクセスの元をたどると海外からのアクセスだったということがわかってきているようです。数分間のうちにあっという間に抜き取られたとされています。

昨年からビットコインが急騰したことをきっかけに、知名度が上昇して注目も集めていた仮想通貨だけに、今回の不正アクセス事件は580億円という数字も相まって仮想通貨業界に衝撃を与えたといえるでしょう。

では、今後コインチェックはどうなっていくのか?流出した580億円は補償されるのか?などを見ていきましょう。

 


 

コインチェックが発表!約26万人の顧客へ返金方針

コインチェック 返金

ネムの不正流出事件を受け、コインチェックは28日に「NEMの補償について」の方針を発表しました。

この発表の大まかな内容は、以下のとおりです。

被害総額で補償対象額は5億2300万XEM

ネム保有の返金対象者が約26万人

補償方法が日本円での返金となること

補償金額のレートが88.549円(※ネム値下がり後とされること

返金の時期は未定であること

この発表での注目すべきは、補償金額のレートが88.549円であるということです。ここからコインチェック側の狡猾さ、会社の被害を少なくしようとしている一面が垣間見れます。

ネムでの被害は5億2300万XEMだと発表しているので、通常は不正流出が発覚する前の1XEM=約110円前後をレートの金額として考えるため、被害総額の約580億円をきっちり返金すべきです。

しかし、コインチェックから発表されたのは1XEM=88.549円です。これを換算すると、約460億円程度になるのです。約2割程度の返金金額を抑えようとしているのが見え見えですね。ここが非常におかしいと感じてしまう点です。

 

ネム保有者1人の損失は?

上のように、コインチェックは返金額を抑えようとしている面が見られますが、この通りに返金されるとネム保有者がどの程度の損失してしまうのでしょうか?

実際に例を出して考えてみます。

◯条件:損失前に100XEMを保有していた場合

・損失額:1XEM=110円のレートで換算すると、11000円

・返金額:1XEM=88.549円のレートで換算すると、8855円(四捨五入)

つまり、11000円を失ったのに8855円しか戻ってこないということです。約2100円の損失ということになります。例えの話で金額も少ないので実感しにくいですが、ネムの保有数が多いほど損失額も多くなっていきます

これが、何かの手数料で取られたとかならまだしも、ただコインチェックで購入したネムを預けていただけなのに、損失が出てしまうのはあまりにひどい話といえるでしょう。

 

26日深夜の会見でも、記者から「補償できるのか?」「補償する力はあるか?」という質問が飛んでいましたが、実際のところ580億という巨額の返金がコインチェックに可能なのでしょうか?返金額を抑えようとする裏には返金能力への疑問も浮かんでしまいます。返金できずに、コインチェックが倒産するという可能性はあるのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク


不正流出事件でコインチェックが倒産する可能性は?

これまでの仮想通貨流出事件

時期 被害企業 流出金額(日本円換算)
2017年 コインチェック(日本) 約580億円
2014年 マウントゴックス(日本) 約470億円
2017年 ナイスハッシュ(スロベニア) 約70億円
2016年 ビットフィネックス(香港) 約65億円
2016年 ザ・ダオ(ドイツ) 約65億円
2017年 パリティーウォレット(イギリス) 約30億円
2015年 ビットスタンプ(スロベニア) 約5億円

上の表は、過去に起きた仮想通貨の不正流出事件をまとめたものです。

仮想通貨の不正流出問題として、有名なのがマウントゴックス社が保有する仮想通貨や日本円などの資産を流出したことで破産・倒産した事件はまだ記憶に新しいです。その後も世界各国の仮想通貨取引所で不正アクセスによる流出事件は相次いでおり、倒産に追い込まれる例もあります。

そして、今回のコインチェックの不正流出事件の被害総額は、約580億円という過去最大規模の流出額で、これまでのどの事件の被害額をも超える巨額です。

そこで、考えてしまうのがコインチェックが倒産してしまうのではないかということです。

これまでの流出事件でも多くの企業が流出の被害から破産したり、倒産したりしています。国内最大手のコインチェックと言えど例外ではなく、580億もの被害を補填できる力があるのかどうかを疑問視している人もいます。

 

コインチェックには返済能力がある!

コインチェック 返済

しかし、実際のところ、コインチェックが倒産する可能性は少ないとする声が多いようです。

理由として、各仮想通貨のスプレッド(手数料)の高さが挙げられます。

コインチェックは、国内大手の仮想通貨取引所でテレビCMも放送するほどの大規模広告をするほど勢いのある企業です。その特徴は、取り扱っている通貨が全13種類と豊富で、多くの銘柄を一括で購入・管理できる点が売りでした。

しかしながら、仮想通貨の取引ではスプレッド(手数料)が取引金額に数%上乗せた金額での取引となり、豊富な取り扱い通貨ということを背景に手数料の収入で大きく利益を挙げていたと考えられるのです。

つまり、コインチェックには実際は、ネムの流出・損失金額を補填できるだけの資産やお金を持っている可能性が高いと考えられるのです。それをあたかも返済が難しいからという言い訳で、返金のレートを88円台の安いタイミングで設定して少しでも返済金額を抑えようとしているコインチェック側にはかなり問題があるとしか言いようがありません。

 


コインチェックの信用ガタ落ち!

コインチェック 倒産

私は、以前から「コインチェックの信頼性」というものに着目し、あまり信用できないという風に考えてきました。

コインチェック 怪しい
コインチェックが怪しい!実は国の認可を受けていない!?オススメの取引所はどこ?

Contents1 仮想通貨はどこの取引所で買えばいい?2 コインチェックは怪しいかも・・・2.1 コインチェックは仮想通貨交換業者に認可されていない!3 コインチェックは不安材料が多い!3.1 コイ ...

続きを見る


そう考えてた矢先に起きた今回の不正流出事件。

「やはりね。」と思ってしまいましたね。

今回の事件で、コインチェックの信用がガタ落ちしたのは間違いないでしょう

不正流出した際のネム(XEM)のセキュリティーが甘かった点、流出から半日も気づかなかったこと、しどろもどろとした返答が目立つ会見、返金補償を安く済ませようとする対応など、あまりにヒドイです。以前から予期していたコインチェックの悪い点が立て続けに出たように感じました。

今後、ネム保有者のへの返金補償が完了されても、金融業界で落ちた信用は取り戻すことはできないでしょう。現在、コインチェックにおける仮想通貨の出金や送金は止められていますが、業務が再開されたら預けてある通貨を別の取引所に移す人や日本円に換金する人などが多く出て来るでしょう。

今後のコインチェックの動向にも注目です。

 

コインチェック騒動!だからこそ買い時!

今回のコインチェック事件の影響で、ネム(XEM)以外の他の仮想通貨の価格が下落しているようです。しかし、これはずばり、仮想通貨の買い時!ということなのです。

コインチェックは、全通貨出金停止措置を行っていて利用者の保有通貨の送金などもできません。今後、この措置が解除される時が必ず来るので、その時くらいが狙い目です。出金可能になったタイミングでコインチェックから他の取引所へ送金する人や出金する人が多数発生すると考えられるからです。そうなると、今よりもさらに通貨の下落は進んでいくとも考えられます。

仮想通貨はなるべく安い時に買っておくことがお得なので、コインチェックの出勤停止措置解除のタイミングは見逃さないようにしましょう。

 

安全性は完璧!補償も充実のビットフライヤー

コインチェックの事件で仮想通貨の恐ろしさを実感したという方も多いと思います。セキュリティーも甘いし、補償もあいまいときたら信用もなくなってしまいます。

しかし、ビットフライヤーは安心・安全です。

コインチェックが登録・認可されていなかった国が定めている「仮想通貨交換業者」として認可を受けており、セキュリティーの面でも各仮想通貨に最先端のマルチシグネチャ技術による分散管理を採用して高い安全性があり、万が一のことがあっても複数の保険会社と提携して補償対応ができるようにもなっています。

さらには、今回のコインチェックの騒動を受けて、セキュリティー面での強化に努めるという文章も発表しました。

ビットフライヤーのセキュリティー・ファーストについて

イーサリアムを買うには「販売所」形式での取引になるので、他の取引所よりも少し高いこともありますが、安全性を重視するならビットフライヤーでの購入をオススメしたいです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

イーサリアムを安く買うならビットバンク

ビットバンクはユーザーどうしのやりとりで相場を決める「取引所」形式での購入となるので、他の取引所よりも安めに購入することができます。売り値と買値の差額も大きくなく、良心的な価格差で取引できます。

イーサリアムとビットコインはもちろん、今後の将来性も期待されているリップルも取り扱っており、コインチェックからの送金にはもってこいの取引所です。

ちなみに、ビットバンクも「仮想通貨交換業者」として国からも認められており、各通貨のセキュリティーも万全です。安全性もしっかりしているので、これまでコインチェックで取引していた方には移動先としてもオススメですね。

安全性も通貨の安さも重視するなら、ビットバンクが良いでしょう。

ビットバンク

 


 

-仮想通貨 ニュース

Copyright© 仮想通貨の口座開設!~ビットコイン取引から購入の流れ~ , 2018 All Rights Reserved.