ビットバンク 体験

【仮想通貨体験インタビュー】ビットバンクとは?仮想通貨取引を使った感想・口コミを投資経験者に聞いてみた!

更新日:

みなさんの仮想通貨始めました!

このコラムは、仮想通貨の購入や売買を実際に行った方の協力の下、仮想通貨の取引を始めてからどれくらいの損益が出たか、各仮想通貨取引所の使用感やセキュリティー面などの使い心地などをインタビュー形式で紹介していきます。

主に、仮想通貨取引所ごとに分けて体験談を紹介していくので、各取引所での違いなどの参考になればと思います。このページでは、ビットバンクの取引所についての体験談を紹介します。

 

 

30歳男性・会社員・年収450万円(開始前)の体験談

何で仮想通貨を知ったか?始めるきっかけは?

仮想通貨については、2017年12月ごろにテレビのニュースで知りました。

当時は、仮想通貨がバブル並みに価格上昇を続けており、毎日のようにビットコインの価格上昇のニュースが報じられていました。それをきっかけに私も仮想通貨に興味を持つようになり、インターネットで情報を集めて少額からでもトレードできるということを知り、実際に投資してみようと考えるに至りました。

連日のように価格上昇が続き、ビットコインを筆頭にイーサリアムやリップルなどのアルトコインの価格も同じく高騰していったので、当時の勢いには非常に興奮していたことを思い出します。

 

取引所をビットバンクにしたのはなぜ?選んだ理由は?

仮想通貨のバブル時期ということもあり、国内の仮想通貨取引所は書き入れ時ということもあって新規加入者の獲得に躍起になっていたように感じました。仮想通貨の取引所での大手となるとビットフライヤーやコインチェックが有名で仮想通貨の高騰が話題を呼び、それに引きつけられた新規顧客が参入してくるという流れになっていました。

そんな中、私がビットバンクを選んだ理由は単に取引手数料が安かったこと以外に、個人的にはリップル等のアルトコインの取り扱いがあるということも選んだ理由でした。また、世間での口コミや評判も良かったので、ビットバンクで口座を持つことに迷いはありませんでした。

 

保有しているコイン(通貨)は何?購入した理由は?

現在までにビットコインを始め、イーサリアムリップルライトコインを保有しています。

ビットコインは基軸コインとされているので、始めた時にある程度購入・保有しておきました。最初にビットコインをある程度入手しておくことで、日本円では購入できないコインや海外の取引所でしか購入できない通貨の取得には世界中で普及しているビットコインが使えるので、非常に便利です。

イーサリアムやリップル、ライトコインは、仮想通貨の市場規模ランキングでビットコインに次ぐ第2位・3位の通貨で、今後の価格上昇にも期待ができるということから購入しました。特にビットバンクを利用するに至ったリップルに関しては、非常に価格の上昇の勢いがあったので伸びしろを感じたということもありました。

結果的に、価格の下落を受けて大きく下がってしまいましたが、どの通貨も時価総額が高く、ここから再び価格が上がってくる可能性を秘めていると思っています。

 

通貨を保有した後の価格の変動はどんな感じですか?

私が仮想通貨を始めたのは、過去最高の値上がりをした2017年の12月に入ったばかりの頃でした。まさにバブルが始まっている時期でした。ビットコインのチャートは、階段式にどんどん価格が上昇していくのをリアルタイムで見ていて、非常に興奮したのを覚えています。

しかも、ビットコインだけではなく、他のアルトコインの通貨も軒並みにどんどん価格上昇していくので、2017年12月に購入して、2018年1月初めまでに仮想通貨だけの資産が約60パーセント近く増加しました

しかし、それから下落傾向に転じて段々と下がっていき、今では購入時の価格の半分以下の価値にまで下がってしまいました

 

現在までの投資額と損益額がわかれば教えてください。

サラリーマンのおこづかいで少額での投資を少しずつ行っていたので、合計では約20万円程度投資してきました。下落傾向に入ってもまた上昇してくるだろうと考えて売らずに保有していましたが、それが甘い判断だったのはすぐにわかりました。

急激に暴落していったので、大きくマイナスに転じてしまいました。結局、売るタイミングを逃してしまい、売れずじまいでそのまま保有し続けています。通貨の価値は、私が購入した時の約半分にまで下落しているので約10万円の含み損という状態になっています。

今後は、再び価格が上昇して自分の購入時の価格まで戻ってくるのを待っています。

 

ビットバンクの使い心地や使った感想をは?

ビットバンクは、PCからチャートが見やすいので使い心地は良いです。

また、ビットバンクのスマホアプリ版もリリースされているので、スマホから外出先でも取引がしやすいという点も気に入っています。それに、取引手数料全ペア無料のキャンペーンがあるので気軽に取引を行うことができます。

 

外部で流出事件などあったが、セキュリティーはどうか?

私も当時はコインチェックも利用していたので、流出事件を聞いた時は非常に衝撃的でした。

流出対象となったXEM(ネム)を保有していなかったので、直接的に流出での被害はなかったものの、コインチェックの機能が停止してしまい預けていた日本円、保有していた仮想通貨を引き出すこともできなくなったので、非常に不安になっていました。

結果的に特に損失は出なかったのですが、仮想通貨だけでなく日本円まで一時凍結させられたので預けていたお金を引き出すことができずとても困りました。

コインチェックの場合、顧客の資産がネットワークに繋がっていたため、日本円も仮想通貨も一時凍結せざるを得ない状況になってしまいました。これを機に、私も仮想通貨取引所のセキュリティーをより注意深く気にするようになりました。

ビットバンクの場合、コールドウォレットで資産管理をしているのでネット上からは離された状態(オフラインで資産を管理)なので、ハッキング等でネットからの流出する心配がなく、安全性は高いようです。また、二段階認証を設定すれば、第三者のウォレットへの進入を防ぐ強い壁になるのでユーザーとしての安心感は大きいです。

 

ビットバンクのおすすめポイントを挙げるとしたら?

前途したようにコールドウォレットや二段階認証など用いた非常に高いセキュリティーや安全性が魅力です。また、取引手数料無料のキャンペーンを行っているので気軽にトレードを行えます。

一番のおすすめポイントは、国内の取引所の中ではリップルが最も安く購入できるという点です。

リップルは時価総額のランキングでも3位に位置するなど今後に期待が持てる通貨なので、リップルに投資するのならビットバンクで口座を開設しておけば、今後価値が上昇したときに他の仮想通貨取引所を利用するよりもオススメです。

 

暴落の際はどう対応しましたか?どのくらいの影響が出ましたか?

私はバブル時期の高騰に感動して、これがずっと続くものだと信じ切っていました。

正直こんなに価格が暴落するとは思いもよらなかったので、価格が下がり始めてからも毎日チャートを見てはもう下がらないだろう、いくらなんでもこれ以上は下がらないだろうと考えていて、いつの間にか損切りのタイミングを逃してしまっていました

そのせいで、保有した状態で価格が半減してしまい、一番ひどい時で3分の1くらいまで下がってしまいました。今は、購入時の価格まで戻すのを待つ塩漬け状態になっています。現在は、やっと半分くらいまで価格が戻ってきたという状態です。

もう儲けたいとは言わないので、今年中には何とか購入時の価格まで戻ってくれると助かります。

 

仮想通貨を始めてよかったこと、気がかりなことは?

ブロックチェーンという革命的な技術を知ることができたことが良かったことです。

また、仮想通貨を知ったことで経済面や政治面の様々なニュースを目にするようになったので、自分の中の世界が広がり、これまで興味のなかったことも興味を持って接するようになりました。

また、同時期に仮想通貨をはじめた友人などもでき価値が上がったり、下がったりした時は共通の話題で盛り上がっています。

後悔していることは、やはりコインチェックの流出事件の際に、下落傾向がわかった時点に早めに利確できていれば傷も浅かったのではないかと思っています。しかし、過ぎたことを悔いても損した分は戻ってこないので、今後は前向きに未来も見据えて仮想通貨と付き合っていきたいです。

 

今後、仮想通貨をどうなる?また、自身ではどうしていく?

前述したように、分散型で不正や改竄が難しいとされるブロックチェーンは革命的な発明だと思います。

2018年の仮想通貨はいまだ総体的にダウントレンドですがまだまだ黎明期であるともいえます。今後は、仮想通貨のトレードに関わる人間がもっと増えて真価を発揮するのは1~2年先だと思いますので、僕自身仮想通貨トレードを続けていきます。

将来的には仮想通貨がより身近に普及し、コンビニやスーパーなどで当たり前のように仮想通貨決済が使われている世の中になるのではないかと思っています。

 

 

-ビットバンク 体験

Copyright© 仮想通貨の口座開設!~ビットコイン取引から購入の流れ~ , 2018 All Rights Reserved.