EOS 今後 イオス 今後 仮想通貨 レート

イオス(EOS)の今後と将来性は?仮想通貨ごとの特徴や傾向から評価・解説

更新日:

EOS(イオス)とは?

EOSとは、企業による利用を想定しているDAppsプラットフォームです。

DAppsとは簡単にいえばブロックチェーン上で動作するアプリケーションのことで、EOSはそのようなアプリケーションが動作するためのプラットフォーム(土台)として活用されます。

なお、DAppsプラットフォームであるEOSというシステムと、仮想通貨であるEOSトークンはそれぞれ別の概念なので気をつけましょう。

この記事ではそれぞれを「EOS」・「EOSトークン」と表記して区別します。

EOS(イオス)トークンの価格と基本的な情報

EOSトークンは2017年6月26日に発行されたERC2.0トークンです。

ERC2.0トークンというのは、イーサリアムのブロックチェーンを間借りする形で発行された仮想通貨の分類です。

EOSトークンは2018年5月19日時点で1EOSの価格が約1,426円で、仮想通貨の時価総額ランキングでは第5位に位置しています。

総発行枚数は10億枚に設定されていて、これ以上は発行されないようにプログラムされています。

 

他のDAppsプラットフォーム通貨との違い

DAppsプラットフォームと呼ばれる仮想通貨にはEOS以外にも、イーサリアムやリスク(Lisk)などがあります。

このDAppsプラットフォーム通貨は、2018年に入ってから大きな注目を集めています。

EOSのターゲットである企業による業務用アプリケーションの開発をはじめ、ブロックチェーン上で動作するDAppsゲームなど、さまざまな用途での活用が期待されています。

そのなかでもEOSは、トランザクション処理の性能と、コストの面で注目されています。

同じくDAppsプラットフォーム通貨でEOSトークンよりも時価総額が高いイーサリアムは、1秒間に15件しかトランザクションを処理できません。

一方EOSは1秒間に数百万件ものトランザクションを処理可能です。

また、イーサリアムなどの多くの仮想通貨はトランザクション処理に一定のコストが発生しますが、EOSのトランザクション処理にはコストが一切発生しません。

どのようなアプリケーションでも、利用者が要求する動作をより安く、そして早く処理することは大きなメリットになります。

発行から1年も経っていないEOSトークンがすでに時価総額5位になっているのは、EOSのトランザクション処理能力とコストが無料であるという点への期待が大きいからなのです。

 

EOSトークンには現状では価値がない

EOSトークンは、EOSプロジェクトの資金調達のためにICOで発行されました。

そしてEOSトークンについては、EOSプロジェクトによって現状では実質的な価値がないトークンであると発表されています。

どういうことかというと、EOSトークンは発行から48時間以内に移転できななるうえに、保有していてもEOSシステム内やその他の場面で使用する用途がないのです。

つまりEOSトークンは純粋に資金調達のためだけに発行されたトークンであって、現状では何らかの価値を持っているわけではないということなのです。

それなのになぜEOSトークンは時価総額ランキング5位になるほど高騰しているのか疑問に思うでしょう。

その理由は、EOSプロジェクトの将来性が非常に高く、将来的に何らかの価値が付与されるかも知れないと期待されているからです。

 

 

EOS(イオス)の今後と将来性

短期間で時価総額ランキング上位になっていることからもわかるとおり、EOSは将来性への期待が非常に大きい仮想通貨です。

この章ではEOSへの現時点での評価や批判、そして将来性について解説します。

EOS(イオス)の評価や批判

EOSは他のDAppsプラットフォーム通貨よりも優れた性能を持っているという点で評価されています。

また、EOSプロジェクトのメンバーにはこれまでにブロックチェーン技術の分野で成功をおさめている技術者が多いという点も、プラス評価にむすびついています。

ただし、先に解説したとおり、EOSトークンには現時点では何の価値もありません。

現状ではEOSというプロジェクトへの期待だけで購入している人が大半なのです。

もちろん、将来的にEOSトークンに何らかの価値が付与される可能性はありますが、すでにプロジェクト側が発表しているとおり「何の価値もない」トークンのままになってしまう可能性もあります。

いわば現状のEOSトークンの価格は期待買いによって支えられているものなので、過度に高騰してしまっているという批判もあります。

 

EOS(イオス)の価格上昇のポイント

EOSトークンは発行されてから2017年11月頃までは1EOS=100円程度で推移していました。

その後、多くのアルトコインの価格が上昇した12月頃からEOSトークンも価格が上昇し、2018年1月には1EOS=約2,000円にまで高騰しています。

その後、仮想通貨市場全体の停滞に合わせて価格はやや下がりましたが、EOSへの期待度の高さは相変わらずで、2018年に入ってからは時価総額ランキング上位の常連になっています。

注目すべきは高騰した額ではなく、下落幅の小ささです。

EOSだけではなく多くのアルトコインが昨年末のアルトコインバブルで、数十倍以上に価格が高騰しました。

しかし2018年1月末頃から徐々に価格が下落し、最高値の半分から10分の1以下に暴落しているアルトコインも珍しくありません。

そんななかでも、EOSトークンは最高値の75%程度の価格を維持しているのです。

これは、多くの投資家がEOSにたいして、バブルがはじけたとしても生き残る銘柄だと考えているからです。

高い技術力を持ってプロジェクトが成功すれば、EOSトークンの価格がまだまだ高騰すると考えている投資家が多いのです。

 

 

EOS(イオス)の最近の状況と買いのタイミング

2018年1月に発生したコインチェック社の事件以降、仮想通貨市場は全体的に低調です。

そんな中でも暴落すること無く価格を維持しているEOSへの期待は日に日に高まっています。

今後、大きな価格変動があるとすれば、EOSトークンの価値に何らかの変化が起きたときです。

EOSトークンの用途がプロジェクトから発表されれば価格が高騰する可能性が高いので、購入するタイミングは今のうちであるといえます。

 

 

-EOS 今後, イオス 今後, 仮想通貨 レート

Copyright© 仮想通貨の口座開設!~ビットコイン取引から購入の流れ~ , 2018 All Rights Reserved.