ステラ 将来性 仮想通貨 レート

ステラ(Stellar)の今後と将来性は?仮想通貨ごとの特徴や傾向から評価・解説

更新日:

 

ステラ(Stellar)とは?

仮想通貨のステラ(Stellar Lumens)についてご紹介します。

ステラとは、仮想コインの名称です。ステラは、マウントゴックス創設者で仮想通貨rippleの開発者でもある「Jed McCaleb」さんを中心にして、リップルベースで開発されたコインです。リリースされたのは、2013年7月19日から公開されたコインです。ステラ(Stellar)は銀行・決済システムをつなぐプラットフォームの役割を持っています。信頼性の高い迅速な資金の移動ができるコインとして作られています。

 

ステラ(Stellar)の特徴・仕組み

仮想通貨の「ステラ(Stellar)」の基本情報を見てみましょう。仮想コインのステラの通貨の単位は「STR」でしたが、その後に何度かリニューアルされ、正式名称が「ルーメン (lumens)」へと変更されています。また、通貨の単位は「XLM」が現在のステラを現す単位です。そのために、「ステラルーメン(Stellar Lumens)」「ステラ(Stellar)」と様々な名称で呼ばれているコインです。2013年7月19日からリリースされたコインです。

ステラが得意とするのは個人間決済です。迅速で高速なスピードを実現しているステラは、低額での個人決済を行うことができるコインです。ステラの得意とする個人間決済システムを利用すれば、海外商品のオンラインショッピングでの決済や、海外にいる人物に贈るギフトや仕送りなどにも便利に利用できるため多くの方に注目されています。安心して国際送金を個人でおこなえるため、注目されています。

ステラの大きな特徴の一つが、発行枚数が決められていないという点です。本来は、発行枚数を発行元が決めて発酵されますが、ステラでは発行枚数が決まっていません。ステラの発行枚数は、毎年プラス1%ずつ増加するシステムで作られています。これは、仮想通貨の中でもかなり珍しいステラ独自の特徴といえるのではないでしょうか。

これには、ステラの流通量を増やしていくことで、価格の急激な暴騰が起こることを防いでいく目的があります。

 

他のコインとの違い

ステラは、国際送金に利用されることを目的として作られたコインで、その点は、Jed McCaleb氏が開発したコインのrippleと同じ目的です。リップル(ripple)とステラは特徴もよく似ています。ステラが得意とするのは、信頼性の高い迅速な資金の移動でありこれもリップルと同じです。しかし、このリップルとの大きな違いは「コンセプト」です。

リップルが得意としているのは、法人または大手銀行などを対象とした大規模な国際送金を対象にしています。

高速で手数料の低額化も目標としているため、大規模な国際送金で利用されることをリップルが目的にしているのに対して、ステラの目的は「個人間でおこなわれる国際送金」で利用されることを目的としています。

個人を目的としているため、リップルよりもさらに早い承認速度を可能にしています。リップルは大規模なやり取りを、ステラは少額決済をさらに早く行うことができるコインとなっているんです。

同じ開発者によってつくられたコインですが、すみわけが出来ているためどちらを利用するのかは使う人しだいとなっています。また、仮想コインのリップルは開発元であるリップル社が全体の60%を保有している「中央集権型通貨」で、ステラはその逆の「分散型の通貨」という点もこの二つのコインの違いです。

 

 

ステラ(Stellar)の今後と将来性

ステラの時価総額は、仮想通貨時価総額ランキングでは10位以内にいることが多いコインです。現時点では、リアルタイムでランキング8位となっています。注目されているのがわかりますね。

将来性も、期待されているようです。なぜかというと、ステラを開発している開発元は、積極的に開発を行っています。提携先を増やしたり、開発もどんどん進んでいるというのが、ステラが期待されている理由ではないでしょうか。

ステラ(Stellar)の評価や批判

ステラに対しての評価は、良い評価が多くされています。それには、開発者が大きく貢献しているようです。開発者のJed McCalebさんは仮想通貨界では有名人です。リップルというコインを作ったのもJed McCalebさんで、そのことからも高い評価を得ています。現時点でも、フィリピンでの送金が可能になるなど、どんどん成長していますね。

しかし、ステラの性質状、長期的に見て価格の上昇はありえますが、短期間で一気に価格があがるというのはステラにかぎっては難しいため、そう言った目的の方からは批判もあるようです。

 

ステラ(Stellar)の価格上昇のポイント

ステラの今後の状況によっては、さらに価格情報する可能性があります。なぜなら、ステラは2017年の初めのころにはわずか0.2円程度の価格でした。しかし、2017年の終わりには30円程度まで価格が上昇しています。

また、コインチェック騒動後の厳しい時期にも、安定していたため高い信頼を安心を持っているコインです。今後も、さらに取引所で上位にいるコインとなるのではないでしょうか。

 

ステラ(Stellar)の最近の状況と買いのタイミング

ステラは、価格が暴騰しにくいコインです。実際にコインチェック騒動後にも大きく下がるなどはなく安定しています。

決済通貨にとっては、価格が変動するのはあまりいいことではありません。そのため、仮想通貨の世界でも価格が暴騰することは好まれていませんが、ステラは発行枚数の調整によってそれを回避しているコインなので、安心して購入することができるコインです。

そのような安心性から仮想通貨市場や投資家からの信頼と期待も高いコインですので、買っておいても問題ないのではないでしょうか。しかし、価格の変動が抑えられているコインでもあるので、一攫千金を狙っている方にはおすすめではないコインです。

 

 

-ステラ 将来性, 仮想通貨 レート

Copyright© 仮想通貨の口座開設!~ビットコイン取引から購入の流れ~ , 2018 All Rights Reserved.