ビットコイン 将来性 仮想通貨 レート

ビットコイン(BTC)の今後と将来性は?仮想通貨ごとの特徴や傾向から評価・解説

更新日:

ビットコイン 特徴

ビットコインとは?

ビットコインの特徴・仕組み

ビットコインは、今や最初の仮想通貨として多くの方に知られていると思います。

サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)なる人物が発表した論文をきっかけに開発され、2009年に運用が開始されました。インターネットを利用した特定のサーバーを持たない世界規模のクラウド型情報記録システムを搭載した通貨として普及しています。

システムのネットワーク上で使われるビットコインの単位は、BTCで表記されます。

元より、ビットコインにしてもイーサリアムにしても各仮想通貨が開発されてきた背景には、世界各国で使われている法定通貨の流通における阻害に不満を感じていたことが発端にあります。

国家間や企業間での通貨のやり取りは常に頻繁に行われているものですが、その取引の度に為替相場や銀行の仲介手数料などで、取引に時間がかかってしまったり、余計なお金がかかってしまうといったことを懸念していたことが根底にあるようです。

つまり、ドルや円・ユーロなどの既存の法定通貨をインターネット上の代理の通貨に変換して取引を行うことで、時間や手数料などのムダを省き、より簡単に取引ができるようにしようという考えのもと、各国の経済業界の間で以前から為替などを必要としない世界共通の通貨というものを作ろうとする動きがあったそうです。それが実現したのが今日のビットコインという訳です。

画期的なブロックチェーン技術

ビットコイン ブロックチェーン

ビットコインの特徴として、「ブロックチェーン」技術の開発は外せないでしょう。

ブロックチェーン技術を端的に説明すると、世界中で使える帳簿と言えます。1つのブロックごとに各取引の情報を記録することができ、すべてのブロックが繋がっている(チェーン)ため、ユーザー間での相互監視が可能で改ざんや不正な取引ができないようにできています。

また、ブロックチェーン上の取引や決済ログの正確性を保証しているため、改竄や不正が行われたとしても並列的に記録されている他のブロック内の記録との照合によって不正されたデータは修正され、正確な記録に戻されるようになっているのです。

 

特定サーバーを持たない

ビットコイン サーバー

次に、ビットコインはブロックチェーンを特定のサーバーに依存しないオープンソース(開かれた)で動いていることも特徴の一つです。

これまでの「ネットの通貨」は、クレジットカードや電子マネーなどが主流で、その決済を記録、または管理運営する企業が存在し、その企業の独自のサーバーによって法定通貨とのトレードが管理・コントロールされていました。これは、特定の団体や特定の組織のコントロール下に通貨があると言うことになります。

しかし、ビットコインは運営を管理する特定の組織や団体を廃し、ビットコイン本体でコインの価格決定と「ブロックチェーン」による決済を実行するシステムを組み込むことで、特定のサーバーに依存しない形で保存・記録することができるようになっています

 

ビットコインの発行枚数は2100万枚

ビットコイン 2100万枚

では、管理者のいないビットコインはシステムだけでどう価格決定をしていくのでしょうか

これは、ビットコインを保有・利用するユーザーによって決められると言えます。

というのも、ビットコインには決められた発行枚数の上限があります。合計2100万枚と定められているので、ビットコインを保有するユーザーが多くなり、需要や希少価値が上がるに伴い価格上昇が進むという仕組みです。これは、従来の経済体制における「金」や「銀」を担保とする仕組みと、基本的に同じです。

 

ビットコインはマイニングで採掘される

ビットコイン マイニング

そして、2100万枚のビットコインは基本的には「金」や「銀」といった鉱物のようにネット空間に埋まっている設定となっており、それを掘り出すことで始めてビットコインとして通貨となるのです。

そのため、ビットコインを掘り出すということも特徴となるでしょう。

しかしながら、先述の通り、ビットコインには管理者はいないのでユーザーだけで管理していく必要があります。そのため、ユーザーが「マイニング(採掘)」を行うという仕組みになっています。

「マイニング」とは、ネットに送信されたビットコインの取引をブロックチェーン上の正確な帳簿を引き出して、新しい正確な取引を成立させた帳簿をブロックチェーン上に記録する、その一連の操作のことをいいます。この「マイニング」によってビットコインの枚数がコントロールされるということです。

「マイニング」を行う人を「マイナー」と表現します。マイナーは、マイニングを行うことでその報酬としてビットコインを受け取ることができます。マイナーが採掘したBTCは市場に出回り、マイナーが報酬として受け取るBTCとのバランスを保つことによって全体的なビットコインのバランスも保たれているのです。

「マイニング」は、市場のビットコインの価格の安定化にも繋がっているということです。

 

他のコインとの違い

ビットコイン 違い

ビットコインと他のネット通貨との違いは、相場によって価格変動があるということでしょう。

従来のネット通貨は、法定通貨の価値があって成り立つ手法での支払いや取引でした。実際にドルや円を媒体にチャージ(入金)し、タッチ一つで簡単に支払えるという仕組みですね。クレジットカードにしても銀行口座があるから支払いの保証となっていた面があります。

そのため、これまでのネット通貨の単位は基本的に入金した法定通貨の金額(単位)であり、そこから上下に変動するようなことはありません。

しかし、ビットコインは発行枚数が制限されているため、制限された枚数と購入を希望する人の需要と供給のバランスによって価格が変動する仕組みになっています。その需要に合わせて1枚あたりの単価が上昇・下落するというわけです。

 

 

「ビットコイン」の今後と将来性

ビットコイン 将来性

ビットコインは、昨年2017年に1BTC=200万円を超えて、世界中で仮想通貨ブームをもたらしたのはまだ記憶に新しいでしょう。

その後、中国・韓国の仮想通貨に対する規制強化や日本のコインチェックでのネム不正流出問題など、仮想通貨業界全体に不安が広まってしまい、全体的に価格が下落してしまいました。一時は、1BTC=60万円台くらいまで落ち込むまでに下がるまでいきました。

現在では、1BTC=約100万円程度まで価格が回復し、小さな価格の上昇と下落を繰り返している状況です。

最近はG20など世界的な経済会議が行われることもあって、ビットコインの価格変動も鈍っていますが、長期的に見ると今後も上昇すると見られています

また、短期的な取引においては、ビットコインの取引スピードの問題や価格変動の鈍化により投資家からは批判的な見方がされています。それに、ビットコインの弱点を改良して昨年生まれたビットコインキャッシュの存在もあり、短期的な投資・取引ではビットコインからビットコインキャッシュに乗り換えるという動きも出てきています。

 

ビットコインの評価や批判

ビットコインはここ最近、人気を落としてきています。

その原因は、ビットコインのスケーラビリティー問題にあります。つまり、ブロックチェーンの容量不足です。

ビットコインはブロックチェーン上に取引データを記録することができるシステムで通貨のやり取りや取引に活用されています。しかし、1ブロックあたりの容量が決められているため、人気の急上昇と取引量の増加によりビットコインのブロックチェーンの容量が不足しつつあるようなのです。

また、取引量の増加はビットコインのマイニングにも影響し、マイニングのスピードが追いつかないという状況に陥っている状況が起きています。購入ユーザーとマイナーのバランスが崩れて取引が遅れてしまい、決済にタイムラグが発生し、自分が望んだ値段よりもタイムラグの影響を受けた後の時間の値段で決済されるということが発生してしまっているのです。

これが、ビットコインの人気を下げている要因となっているのです。

といっても、これは短期的にビットコインを何度も売り買いしているユーザーにのみ起きることのようで、長期的に保有(ガチホ)している場合には、タイムラグで起きた異変もブロックチェーンによって修正されて問題は解決します。

2018年4月のG20の会議では、ビットコインのあり方について議論があり、ビットコインは今後は資産の一つとして考えていくのが望ましいのではないかという話が上がったそうです。

今後は、長期的に保有して価格の上昇を待つという流れになっていくのかもしれません。

 

 

「ビットコイン」の最近の状況と買いのタイミング

ビットコインの価格上昇のポイント

ビットコイン 値上がり

ビットコインは、2018年初頭に大きく下落しました。

しかし、投資家の間ではこれは大きく心配する必要もないそうです。それは、今回の下落は一種の調整的な面もあるためと言われています。

そもそも、ビットコインは大暴落の前に急高騰を体験しています。2017年の12月に1BTC= 200万円を超えるという異常な価格上昇があったのです。つまり、急上昇した価格が元に戻っただけだとする意見もあります。

そして、現在は下落から少し回復してきた状態で、やっと落ち着いたところです。要は、今が下落の底ということもいえます。ということは、ここが価格上昇のポイントとも言えるということです。今、ビットコインを保有して長期的に時間が経てば、数年でまた大きく価格上昇する磁気もあるでしょう。

それまで、一資産として貯金・預金する間隔で気長に待ってみるのが一番いいのかもしれません。

 

 

ビットコインの購入におすすめな取引所

安全性は完璧!補償も充実のビットフライヤー

ビットコインを購入するなら、ビットフライヤーが良いでしょう。

国内最大手の取引所で、国が定めている「仮想通貨交換業者」として認可を受けている安心な取引所です。

また、コインの管理においても徹底したセキュリティー対策を施しており、各仮想通貨に最先端のマルチシグネチャ技術による分散管理を採用して高い安全性があり、万が一のことがあっても複数の保険会社と提携して補償対応ができるようにもなっています。

特に、日本においてはコインチェック騒動の一件があってから仮想通貨ブームが下火になってしまっています。これから始める、購入するという方はセキュリティー面を重視すると思われます。

ビットフライヤーはセキュリティーを第一に考える文章も発表し、安心・安全を謳っています。

ビットフライヤーのセキュリティー・ファーストについて

ビットコインを買うには「販売所」形式での取引になるので、他の取引所よりも少し割高ではありますが、安全性を重視するならビットフライヤーでの購入をオススメしたいです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ビットコインを安く買うならZaif

なるべく安くビットコインを取引したいなら、Zaifがオススメです。

Zaifでは、ユーザーどうしのやりとりで相場を決める「取引所」形式での購入となるので、他の取引所よりも安めに購入することができます。売り値と買値の差額も大きくなく、良心的な価格で取引できます。

ちなみに、Zaifにおいても「仮想通貨交換業者」として国からも認められており、セキュリティーも万全で、安全性もしっかりしています。

 

 

-ビットコイン 将来性, 仮想通貨 レート

Copyright© 仮想通貨の口座開設!~ビットコイン取引から購入の流れ~ , 2018 All Rights Reserved.