トロン 今後 仮想通貨 レート

トロン(TRX)の今後と将来性は?仮想通貨ごとの特徴や傾向から評価・解説

更新日:

「トロン(TRX)」とは?

仮想通貨トロン(TRX)とは、日本の取引所でも取り扱われ、上場の噂もある仮想通貨です。

正式な名称は、仮想通貨TRON(トロン)です。「トロン(TRX)」とは、支払い手段を目的とした通貨ではありません。

「トロン(TRX)」は、エンターテインメントをアップできるプラットフォームとしての役割を持つコインです。それらプラットフォームの中で、使われる通貨のことを「TRON(トロン)」と言います。2017年8月に誕生した「トロン(TRX)」は、Justin Sun(ジャスティン・サン)によって中国で開発されました。

 

「トロン(TRX)」の特徴・仕組み

名称は、TRON(トロン)です。通貨単位がTRXで、リリースされたのは最近で2017年8月28日にリリースされました。

発行上限が1000億TRXの仮想通貨です。

例えばYouTubeなどのデジタルコンテンツを、ブロックチェーンによって配信するエンターテインメントデジタルコンテンツの配信をサポートするプラットフォームのことです。

「トロン(TRX)」が利用している技術は、スマートコントラクトです。契約の自動化とも呼ばれている技術で、イーサリアムで使用されている技術です。

 

他のコインとの違い

「トロン(TRX)」は、他のBTCなどに比べて完成までのロードマップがとても長いことが、「トロン(TRX)」に注目している人たちの間でも、注意ポイントとして話されています。「トロン(TRX)」では、約10年を費やしてようやく完成ができるように計画されているのです。これは、オンラインゲームなどのプラットフォームが確立できるまでに大きく分けて6つの段階が必要なこと、その期間が約10年間と計画されているのです。

正確には、2027年9月に完成の予定です。どれくらい長いかというと、BTC自体の歴史が約10年程度の現在では、それと同じくらいの期間が必要と「トロン(TRX)」では考えているということになります。「トロン(TRX)」を購入するか検討している人の間でも、この長さが問題視されています。

「トロン(TRX)」のロードマップは、Exudos(エクソダス)、Odyssey(オデッセイ)、Great Voyage(グレートヴォヤージュ)、Apollo(アポロ)、Star Trek(スタートレック)、Eternity(エタニティ)の6段階を計画しています。

 

 

「トロン(TRX)」の今後と将来性

「トロン(TRX)」は、日本上場によって注目されランクもトップ10入りしていたコインです。現在リアルタイムでの時価総額は¥521,768,196,697で、ランクは10でした。1トロンが8円で取引されています。

「トロン(TRX)」の将来性はリリース直後期待されていました。

「トロン(TRX)」は、Binanceで30秒で売り切れとなってしまったという記録を持つコインです。そのため、今後も高騰するのではないかと期待されています。コンテンツエンターテイメントシステムの構築を目指しているという点でも、YouTubeの流行からも同様の人気がでるのではないかと言われている注目のコインです。

しかし、ロードマップがあまりに長期的であることから10年は長すぎるという意見が多く出てしまい、最近ではあまり「トロン(TRX)」は目覚ましい進展がありません。チャートも動きが静かになっています。

将来性は期待できると考えている方と、あまり期待できないと考えている方が五分五分といった感じになっているようです。

 

「トロン(TRX)」の評価や批判

「トロン(TRX)」は、どちらかというと一攫千金を狙いたいのであれば、おすすめと言われています。

確実に堅実にコインを手にしたいのであれば、「トロン(TRX)」はあまりおすすめできませんが、一攫千金目当ての方でチャレンジする方が多いようです。もし、一攫千金を狙って「トロン(TRX)」を購入したいのであれば、手数料が安い取引所を使うようにして購入しましょう。

また、その後の「トロン(TRX)」のチャートや動きにも注目し、タイミングを見て動く必要があります。「トロン(TRX)」自体への批判と言うよりは、「トロン(TRX)」の創業者であるジャスティン・サン氏が、「トロン(Tron/TRX)の方がイーサリアム(ETH)より優れている」とツイッターで発言するなど問題行動を起こしています。まだ若い創業者の動きにも、今後の「トロン(TRX)」の将来性がかかっているのではないでしょうか。

 

「トロン(TRX)」の価格上昇のポイント

「トロン(TRX)」の価格上昇のポイントは、「トロン(TRX)」がバーンを行うときの期待買いによって高騰する可能性があります。数日後いないに、バーンが行われるのであれば価格が高騰する可能性があります。

実際に3月に「トロン(TRX)」が高騰した際も、3月末に「トロン(TRX)」のバーンが控えられていました。もともとの発行枚数が大きい「トロン(TRX)」は、仮想通貨を使用不可にすることで、仮想通貨の量を減らし、価格をあげることを目的として行われます。このバーンを、「トロン(TRX)」では計画しているため、価格上昇を狙って人気が出た可能性があります。

 

「コイン名」の最近の状況と買いのタイミング

「トロン(TRX)」についてご紹介しましたが、「トロン(TRX)」を購入するタイミングはいつでしょうか。コインチェック騒動も徐々にですが、回復してきた今、「トロン(TRX)」自体というよりは「トロン(TRX)」の周りの動きを注目するのがタイミングを見計らうために重要なようです。

たとえば創業者のジャスティンサンの動向にも注意しなければいけません。彼が周りの仮想通貨を敵に回す発言すれば、それによってコインに影響が出る可能性が高いためです。

トロン自体の評判は悪くないので、一攫千金を狙って「トロン(TRX)」を手に入れるのもおすすめかもしれません。

一攫千金を果たすためにも、タイミングを見逃さずに「トロン(TRX)」の動向をチェックしておきましょう。

 

 

-トロン 今後, 仮想通貨 レート

Copyright© 仮想通貨の口座開設!~ビットコイン取引から購入の流れ~ , 2018 All Rights Reserved.