リスク 今後 仮想通貨 レート

リスク(LSK)の今後と将来性は?仮想通貨ごとの特徴や傾向から評価・解説

更新日:

リスク 今後

リスクについて

リスク(LSK)がビットフライヤーに上場!

リスクとは、元々は「Lisk」という分散型プラットフォームの中で使われる通貨として作られたものです。通貨の単位はLSKで表記されます。

リスクは、2016年5月24日に公開された仮想通貨で発行枚数に上限がありません。その代わり、毎年発行量が減少されていくというルールを設けることで、通貨の価値を保っています。そのため、強いインフレも起きにくく調整がされています。

リスクの制作サイドの主なターゲットとして、分散型アプリケーション開発によるサービスを提供している企業が挙げられ、リスクのプラットフォームを利用したオンラインゲームやWEBショップ、SNSといったサービスなどに追加・活用できるコインとしても注目されています。

そして、2018年1月に、日本の大手取引所ビットフライヤーにも上場し取り扱いが開始され、知名度も価格も上昇してきている通貨でもあります。

 

リスクの特徴・仕組み

リスク

仮想通貨リスクの特徴は、大きく3つに分けることができます。

スマートコントラクト

まず、リスクには「スマートコントラクト」システムが搭載されています。

これはイーサリアムに搭載されているシステムで、端的に説明すると取引の内容を保存できるということです。取引にリスクを使うことでその取引の内容や取引金額などをすべて保存しておくことができるシステムのことです。

この技術はビットコインにはないため、取引に使いやすいという点でリスクやイーサリアムが注目されている要因でもあります。

リスク独自のサイドチェーン技術

次に、リスクには「サイドチェーン」という技術が備わっています。

「サイドチェーン」は、メインのブロックチェーンとは別にもう一つのサブブロックチェーンを独立して動作させることができるシステムのことです。2014年にBlockstreamによって開発された技術です。

そもそも、ブロックチェーンはデータが入ったブロックの繋がりでできていて、一つのブロックで扱えるデータ量が決まっているため、同一の仮想通貨を使う人が増えることでブロックチェーンへの負荷も増加してしまいます。それが通貨の処理速度や送金速度などに影響を与えてしまう可能性が高まってしまいます。これは、すでにビットコインの容量不足(スケラビリティー)の問題でも直面していることでもあります。

サイドチェーンは、本来は1つのブロックチェーンで担っている処理を複数のブロックチェーンで行うことで、処理速度を向上させることができます。これにより、リスクでの取引が一時に大量に行われたとしても、サイドチェーンを活用すれば処理速度が低下することはなく、スムーズな取引が可能になります。

一般的な開発言語「Javascript」で開発

リスクはJavascriptで開発されていることも特徴の一つです。

Javascriptは、一般的なプログラミング言語でプログラミング言語の中でも扱える人の数が非常に多いのが特徴です。メジャーなプログラミング言語を使っていることから開発への参入がしやすく、各企業のリスクを導入したサービスの開発が進むことが期待できます

また、難解なプログラミング言語ではないので、開発者のコストや手間も省けるということもメリットです。

 

リスクと他のコインとの違い

リスクと他の仮想通貨における違う点として挙げられるのは、前述の「サイドチェーン」技術の搭載でしょう。

ブロックチェーンの技術は、ビットコインを始めイーサリアムなど他の通貨にも組み込まれているシステムではありますが、サイドチェーン技術はリスクの独自技術になります。ゆえに大きく違うのはこの特徴でしょう。

また、スマートコントラクトのシステムもイーサリアムを始めとする一部の通貨でしか使われていません。

このような技術を持つリスクは、処理能力の速さと取引スピードが早いという点でも他の通貨とは違います。例えばビットコインでの取引に約10分がかかってしまうとしたら、リスクでの取引では約数秒での取引が可能です。かなり速いスピードで処理を行うことができます。

 

 

リスクの今後と将来性

リスク 将来性

リスクは、1月のビットフライヤーへの上場をきっかけに一時的に価格が2倍以上も急上昇し、1LSK=3000円を超えるまで伸びました。これは、投資家にもリスクの可能性をアピールできたようで注目を浴びています

その後、コインチェック騒動の影響もあって価格が落ち着き、現在は1LSK=約1200円程度に位置しています。時価総額も約1200億円のランキング25位となっています。

確かに見た目では価格が下がったのですが、一度上がりすぎてしまった分を調整で普段の状態に戻すサイクルの一部ですので、暴落したというわけではありません。急上昇したあとには調整の期間が入るため、価格が下がったように見えやすいだけということです。

むしろリスクの開発者らは、「リスクはまだやりたいことの1%しかできていない」と表現しています。これからの開発・将来性に期待できる通貨なのです。

 

リスクの評価や批判

リスクに対しての人々の評価は、ビットフライヤー上場で知名度が上がったことで徐々に高まっています。

実際に、リスクの持つ「スマートコントラクト」や「サイドチェーン」の技術に注目して、マイクロソフトがリスクとパートナーシップを結ぶなどしており、大手企業からの評価も得ているようです。

また、プログラミング言語としてJavascriptを採用している点も企業の開発促進へのきっかけにもなってくるでしょう。

まだまだ開発中の部分も多く伸び代が大きいとも言えます。将来的に、長期的にみるとリスクの価格は上がっていく可能性が高いです。

 

リスクの価格上昇のポイント

リスクの価格上昇のポイントとなるのは、使いやすさ導入のしやすさが表れてきた時でしょう。

特に、javascriptを使って開発されたリスクを活用してオンラインゲームやアプリ、オンラインショップなどでリスクが使えるようになるといった使い道が開かれていくと予想されます。

こういった開発が広まり、一般的にリスクが使えるようになってくるとさらに別の企業が参入してくるなど開発への活用がより増えてくることで、リスクの価格の上昇に繋がってくる可能性が高まるのだと思います。

 

 

リスクの最近の状況と買いのタイミング

リスク 買うタイミング

1月のコインチェック騒動から、仮想通貨業界も徐々に回復してきました。

特に、リスクは騒動の最中にビットフライヤーに上場したことが注目を集めました。また、2月にはリブランディングとリローンチイベントを成功させたりと、着実に評価が上げています。

リスクは、「何度もテストも重ねて慎重なアップデートを行っている」と開発者側も言及しており、開発・成長がゆっくり進められているようです。短期的ではなく、今のうちに手にしておいて長い目で価格上昇を待つという目的であれば、今後の成長がかなり期待できると思われます。

とはいっても、ビットフライヤーの時のように大手取引所への上場をきっかけに急激な上昇を見せる可能性も高いとも言えます。

つまり、今がリスクの買い時のタイミングだと思われます。

 

 

リスクの購入におすすめな取引所

安全性は完璧!補償も充実のビットフライヤー

リスクを購入するなら、やはりビットフライヤーが良いでしょう。

国内最大手の取引所で、国が定めている「仮想通貨交換業者」として認可を受けている安心な取引所です。

また、コインの管理においても徹底したセキュリティー対策を施しており、各仮想通貨に最先端のマルチシグネチャ技術による分散管理を採用して高い安全性があり、万が一のことがあっても複数の保険会社と提携して補償対応ができるようにもなっています。

ビットフライヤーはセキュリティーを第一に考える文章も発表し、安心・安全を謳っています。

ビットフライヤーのセキュリティー・ファーストについて

リスクを買うには「販売所」形式での取引になるので、他の取引所よりも少し割高ではありますが、安全性を重視するならビットフライヤーでの購入をオススメしたいです。

まだビットフライヤーに上場して間もないので、まだ価格が低い内に購入しておくのが良いでしょう。

特に初心者の方でビットフライヤーを始めるなら、リスクはビットフライヤーの取り扱う通貨の中でも価格が安めなので購入しやすいというのもオススメの理由です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 

海外の取引所バイナンスが安い!

バイナンス
Binance(バイナンス)海外取引所で口座開設!仮想通貨の購入手順・メリット・デメリット

Contents1 中国発の取引所!Binance(バイナンス)とは2 Binance(バイナンス)の特徴・メリット2.1 豊富な取り扱い通貨2.2 仮想通貨の上場をユーザーが決める2.3 「取引所」 ...

続きを見る


リスクは国内ではビットフライヤーのみの取り扱いですが、海外の取引所では多く取り扱いがあるようです。そして、ビットフライヤーよりも安い価格で取り扱う取引所もありました。

オススメがバイナンスです。

バイナンスは中国で展開されている取引所で、今後日本にも進出してくるという噂もある大手取引所です。特徴は取り扱っている仮想通貨の銘柄の多さです。なんと、70種類以上もの仮想通貨が取り扱われています。多くが中国で発行された仮想通貨ですが、世界や日本で広まっている通貨もしっかり取り扱われています。非常に幅広く投資ができる取引所です。

リスクもその一つでもあります。バイナンスでのリスクの相場は下の通りです。

 

現時点だと1LSK=0.0012876BTC程度を推移しており、日本円換算で約1230円前後という価格になります。この金額でリスクを買うことができるということです。対して、ビットフライヤーでは1295円ほどの価格の表示で、約60円程度高い設定がされていることがわかります。

バイナンスは、ユーザー間での取引で相場の価格も決まってくる「取引所」形式での取引・売買なので、この安さで取引が行われているということです。

バイナンスでは、ほとんどの通貨の価格表示がビットコインを目安に表示されているので、価格を日本円に換算する手間がありますが、安く仮想通貨を取引できる取引所です。

それに、コインチェック騒動事件で新しく資産を移行していく動きが強まると思いますが、バイナンスは新しく投資を始めるには最適な取引所だと思います。

サイトは英語がメインのページになっていますが、日本語翻訳もできるので日本人でも簡単に登録できます。また、国内の取引所のように本人確認書類を提出する前から取引ができてしまうので、日本でも利用者が増えていくでしょう。

バイナンス

 

 

-リスク 今後, 仮想通貨 レート

Copyright© 仮想通貨の口座開設!~ビットコイン取引から購入の流れ~ , 2018 All Rights Reserved.