ビットコインキャッシュ 今後 仮想通貨 レート

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後は?コインの特徴と違い・将来性を読み解く

更新日:

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインから分裂したビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは、2017年に生まれたばかりの仮想通貨です。通貨の単位はBCHで表記されます。

まだ生まれたばかりのコインにも関わらず、仮想通貨ランキングでは第4位に位置し、日本国内でも多くの取引所が取り扱っていて、着実に人気の仮想通貨の仲間入りをしているといえます。

ビットコインキャッシュが登場後に急激に価格が上昇し、人気通貨の仲間入りしたのにはビットコインが理由にあります。

実は、ビットコインキャッシュはビットコインから分裂派生して生まれたコインなのです。ビットコインキャッシュのロゴマークからもわかるように、本家のビットコインと非常に似通ったロゴマークだということも見てわかりますね。

ビットコインキャッシュ

ビットコインからの分裂には、ビットコインのアップデートのためという側面も持っています。

そもそもビットコインはブロックチェーンにおける容量不足が懸念されていました。ブロックチェーン1ブロックあたりの容量不足ということです。ビットコインが登場した2009年ごろはまだ仮想通貨の知名度も低く、ビットコインを使った取引も少ないため、1ブロックの容量が少なくても特に問題はありませんでした。

しかし、近年の知名度の上昇や購入・取引量の増加により、容量不足が顕在化してきて決済や取引のスピードが遅れたり、セキュリティーが弱くなったりという欠点が出てきたのです。

そのため、ビットコインと基本的な構造が似た状態で1ブロックあたりの容量を増やした通貨を作ることで生まれた通貨がビットコインキャッシュということなのです。アップデートといっても本家のビットコインもビットコインキャッシュも別々の通貨として扱われ、分裂して新しい通貨ができたということです。

 

次々にビットコインが分裂している?

ビットコイン 分裂

ビットコインから分裂してビットコインキャッシュが生まれたことをきっかけに、ビットコインからの分裂(ハードフォーク)は何度か行われています。2017年10月にビットコインゴールド、11月にビットコインダイヤモンドという通貨が分裂によって誕生しています。

こういった分裂は今後も行われる可能性があるとされ、分裂したビットコインキャッシュやゴールドからさらなる分裂ということもあるかもしれないそうです。

というのも、この分裂の裏にはビットコインを巡る利権をきっかけに起こっているようです。

現状、ビットコインはマイナーと呼ばれる人間がマイニング(採掘)することで発行され、それをブロックチェーン内のブロックに送金などのデータ処理を行うという形で取引が承認されるというシステムになっています。マイナーはこの作業をすることに対する報酬を受け取っていますが、ビットコインのマイニングではこの利益が4年に1度の間隔で半減していく仕組みに設定されているのです。

そのため、ビットコインを分裂(ハードフォーク)することで、ブロックチェーンの容量を拡大することで取引量を増やし、報酬の増加を狙いたいという訳なのです。

今後、仮想通貨全体が世界中の経済に浸透していくことで取引量も増加していくことは予想できます。ブロックごとの容量拡張でより多い取引量と報酬増加を狙うために、こういった分裂が度々起きるのではないかと予測されています。

 

ビットコインキャッシュの特徴・仕組み

ビットコインキャッシュは、ビットコイン同様にブロックチェーン上に取引記録の保存をするという技術を用いた通貨点ですが、ビットコインよりも優れた特徴を持っています。

ビットコインからのアップデートにより、ビットコインキャッシュに備わった特徴は以下の通りです。

●1ブロックのサイズ容量が8MB(BTCの8倍

●リプレイアタックに強い(セキュリティ強化)

ビットコインキャッシュは、ブロックサイズをもともとのビットコインの8倍に増加したことで、一度に複数の取引が行われる状況でもスムーズに取引や送金ができるように補強されました。同時にセキュリティー面での強化も行われたようです。

また、ブロックあたりの記録できる容量が増えたことで、取引履歴が多く残るため安全でありビットコインよりも安定性がある仮想通貨になったのです。

 

ビットコインキャッシュと他の通貨との違い

ビットコインキャッシュと他の通貨との違いを見る際に、ビットコインの存在は無視できないでしょう。

ビットコインから分裂して作られているため、ビットコインの特徴も含んでいてビットコインの弟分的な存在でもあるため、知名度も広まって日本国内の取引所の多くで取り扱われています。

ビットコインキャッシュは誕生とともに急激な成長をしてきた通貨です。その裏にはやはりビットコインの知名度が背景にあることは他の通貨にはないものだと言えるでしょう。

そして、各国の取引所でビットコインとともに取り扱われることで、流通量でも他の通貨と違ってきます。流通量が増加すれば、購入や取引が行われる機会も増え、より知名度も向上していくという流れにも繋がってきます。

 

 

ビットコインキャッシュの今後と将来性

ビットコインキャッシュがビットコインと入れ替わっていく?

ビットコインキャッシュは、現時点で時価総額が約2兆6000億円にも上り、かなりの規模と知名度を誇っています。

これは、ビットコインから分裂した際にビットコインを保有しているユーザーに対してビットコインの保有数分のビットコインキャッシュを配布するという方法をしたからです。

ビットコインの弱点を克服するために改良されて作られたビットコインキャッシュには、これまでビットコインに投資してきたユーザーからの期待も高まったことで、通貨の価格も急上昇しました。

2017年の暮れごろの仮想通貨ブームをきっかけに、仮想通貨の新規購入者や取引の案件が増加するとともに流通量も増えました。

しかしながら、流通量の増加はビットコインのブロックの容量不足による送金づまりや取引の遅延にも繋がってしまっています。ビットコインを送金してから取引先に送られるまでに数十分以上もの時間がかかるということも起き始めているようです。

こういったことから、将来的に「ビットコインの価値が急落」して、「ビットコインキャッシュが台頭する」といった予測も投資家の間では噂されています。

 

ビットコインキャッシュの評価や批判

ビットコインキャッシュは、今後もより価格が上昇するだろうと予測されている通貨の一つです。投資家や関連企業からの注目度も高いです。

ビットコインの容量不足を懸念して、世界では「脱ビットコイン」といった動きも少しずつ起き始めています。

代表的なものが取り扱う基軸通貨の変更です。日本を含めて仮想通貨取引所の大部分では、ビットコインが基軸通貨となり、仮想通貨の取引をする際は法定通貨(ドル・円・ユーロ)とBTCを使っての取引を行うことができます。

しかし、海外の一部の仮想通貨取引所ではビットコインキャッシュを基軸通貨として扱う取引所が開設され始め、ビットコインで取引を行うのではなく、ビットコインキャッシュで取引を行うという流れに移行させる動きが表れています。

ViaBTC「ビットコインキャッシュが基軸通貨の取引所を開設します」と発表。

CoinEX世界初のビットコインキャッシュ基軸の取引所として開設。


OKEXビットコインキャッシュを基軸通貨として行う売買を開始。

このように、ビットコインキャッシュを基軸として取り扱う取引所が徐々に増えていくのかもしれません。

 

 

ビットコインキャッシュの最近の状況と買いのタイミング

ビットコインキャッシュの価格上昇のポイント

ビットコインキャッシュは世界中の仮想通貨取引所で取り扱われており、日本の取引所でも売買・取引ができます。

基本的に仮想通貨はまだ投資対象としての役割を出ませんが、今後は一般的にも通貨として使えるようになっていくと思われます。

実際に、アメリカではビットコインを始めとする仮想通貨を街中のATMで取引できるサービスが始まっていたり、仮想通貨を使った企業間や個人間のお金のやり取りなども行われてきています。

今後は、他にもビットコインキャッシュを用いて支払いができるサービスや小売店舗が今後増えていく予定です。

そういったサービスの展開が広まるほど価格上昇のきっかけとなっていきます。

コインチェック騒動の後、仮想通貨は慎重な投資家からは警戒されていますが、実はビットコイン、イーサリアム、リップルなどの主要な仮想通貨の多くは底値をつけ、その価値は今また再び上昇過程にあります。

ビットコインキャッシュも同様で、騒動も落ち着いたことで再び価格上昇を始めています

ブロックチェーンを用いた仮想通貨は成長産業で、今後も普及していくものであり、長期的視野で考えると一旦価格が下落した今が買うタイミングになるでしょう。ただし、仮想通貨も今や投資対象ですから、チャートを見てから取引することが大事です。

短期的視野から見ると、今は騒動後の値上がりを修正する短期的な値動きをしています。チャートをよむとビットコインキャッシュを買うタイミングも訪れていると言っていいでしょう。

 

 

ビットコインキャッシュの購入におすすめな取引所

安全性は完璧!補償も充実のビットフライヤー

ビットコインキャッシュを購入するなら、ビットフライヤーが良いでしょう。

国内最大手の取引所で、国が定めている「仮想通貨交換業者」として認可を受けている安心な取引所です。

また、コインの管理においても徹底したセキュリティー対策を施しており、各仮想通貨に最先端のマルチシグネチャ技術による分散管理を採用して高い安全性があり、万が一のことがあっても複数の保険会社と提携して補償対応ができるようにもなっています。

特に、日本においてはコインチェック騒動の一件があってから仮想通貨ブームが下火になってしまっています。これから始める、購入するという方はセキュリティー面を重視すると思われます。

ビットフライヤーはセキュリティーを第一に考える文章も発表し、安心・安全を謳っています。

ビットフライヤーのセキュリティー・ファーストについて

ビットコインキャッシュを買うには「販売所」形式での取引になるので、他の取引所よりも少し割高ではありますが、安全性を重視するならビットフライヤーでの購入をオススメしたいです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ビットコインキャッシュを安く買うならZaif

なるべく安くビットコインキャッシュを取引したいなら、Zaifがオススメです。

Zaifでは、ユーザーどうしのやりとりで相場を決める「取引所」形式での購入となるので、他の取引所よりも安めに購入することができます。売り値と買値の差額も大きくなく、良心的な価格で取引できます。

ちなみに、Zaifにおいても「仮想通貨交換業者」として国からも認められており、セキュリティーも万全で、安全性もしっかりしています。

 

 

-ビットコインキャッシュ 今後, 仮想通貨 レート

Copyright© 仮想通貨の口座開設!~ビットコイン取引から購入の流れ~ , 2018 All Rights Reserved.