ジーキャッシュ 特徴

仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)の特徴は?高い匿名取引ができる!マネーロンダリングに利用される?

更新日:

2017年の暮れから起きていた過剰な仮想通貨ブームは2018年に入り、一旦落ち着きを取り戻したようです。

仮想通貨の代表的なコインであったビットコインも価格が下落しつつあり、ブームの影響で多く作られたアルトコインが増える中、今後はスペックの高い信用できる仮想通貨銘柄のみが生き残ることができる「淘汰の時代」に突入すると考えられます。

その中で、生き残る可能性が高いと言われる仮想通貨「Zcash(ジーキャッシュ)」を紹介します。

 

仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)とは?

仮想通貨の代名詞ビットコインは、決済用通貨として開発されました。

そして、Zcash(ジーキャッシュ)はビットコインの代替コインとなるべく、同じフィールドで展開することを目的に開発された仮想通貨で2016年10月にリリースされました。通貨の取引単位は「ZEC」です。

Zcashは、ビットコインのウィークポイントである匿名性の高い取引が行えない点にフォーカスし開発されたという経緯を持つ匿名通貨です。当初、「匿名での取引が可能」と期待されていたビットコインですが、実際には「取引を行ったアドレス」や「取引額」が公開され、マーケットから期待された「匿名取引」は実現されませんでした。

既に匿名取引に特化した仮想通貨として、Monero(モネロ)Dash(ダッシュ)などがリリースされ知られていますが、ウォレットアドレスや取引額が公開されてしまい、完全な匿名取引が実現できていないとも言われています。

しかしながら、Zcashは「ゼロ知識証明」という技術を採用し、仮想通貨取引に於いて優れた匿名性を実現することに成功しています。ジーキャッシュの優れた匿名取引技術は、JPモルガンと連携したことでさらに多くの金融機関からの注目を集めています。

Zcash(ジーキャッシュ)の特徴

JPモルガンと連携を実現したZcashの最大の特徴は、開発経緯にも深く関係する「匿名性の高さ」だと言えます。他の仮想通貨が実現できなかった完全匿名取引を実現したのが、シーキャッシュの「ゼロ知識証明」というシステムです。

一般的な仮想通貨取引の取引承認作業には「送信者アドレス」、「受信者アドレス」、「送金金額」の3つの情報が必要でした。

しかし、ゼロ知識証明のシステムではこの情報を含めた暗号データを真実と認定し取引承認を行います。取引承認を行う証明者に対し、その命題が正しいという情報以外は何も与えずに証明を可能にする技術です。このことで取引承認作業が効率化され、決済のスピードが向上する大きなメリットも発生します。

ゼロ知識証明でもブロックチェーンを利用した情報管理を行いますが、ブロックは取引の事実だけで形成され、実際の取引内容は記録されません。ブロックにリンクされた具体的な取引内容のデータを確認するためには、「Viewing Key」という閲覧キーが必要となり、Viewing Keyは取引の当事者だけに公開されるので、第三者が取引内容を見ることはできません。

こういった方法により、利用者のプライバシー重視の匿名取引を実現した、匿名通貨ジーキャッシュでの取引は非常に高いセキュリティーレベルで守られた取引となるのです。

 

 

Zcash(ジーキャッシュ)の値動きや将来性

ジーキャッシュ 将来性

2016年に誕生したZcashは、リリース前に特にプレセールを行わなかったものの、いざリリースすると急騰し1ZEC=約530,000円という驚くべき高値をマークしました。しかし、翌々日には1ZEC=約57,000円にまで急落し、約1ヶ月が経過すると1ZEC=約6,000円と値を下げ続けます。

一時は3,000円代を割り込むまでに文字どおり大暴落した通貨であるというエピソードもあります。

これはマーケットのジーキャッシュに対する投機商品としての期待が高過ぎたことや短期投資が殺到し、価格が暴騰したところで一斉に売りに転じたことが原因であると考えられます。Zcashのシステムに対する評価では無く、仮想通貨バブルが引き起こした短期投資の弊害だと言えるでしょう。

世界中で本格的な仮想通貨ブームが始まった2017年5月頃からは、再び値を上げ、2018年1月8日にマークした1ZEC=約96,000円にまで達しました。その後は下落が続き、2018年3月現在の市場価格は1ZEC=約25,000円、時価総額は¥87,592,414,122円、時価総額ランキングでも第26位となっています。

既述した通り、現在の仮想通貨マーケットは新たなフェーズである「淘汰の時代」に入ったと言えるでしょう。

しかしながらジーキャッシュは、淘汰の時代を生き残るだけの高いポテンシャルを秘めた通貨であることは間違いないでしょう。今後、匿名通貨であるジーキャッシュの存在感は益々大きくなるとともに、市場価値も上がり価格上昇の可能性も大きいと予想できると考えられます。

とはいっても、日本国内の仮想通貨取扱所でジーキャッシュの取り扱っているのはコインチェックのみで、コインチェックの不正流出事件をきっかけに日本国内では匿名通貨の取り扱いに規制が入る可能性も浮上してきています。まだどうなるかわかりませんが、コインチェックでの取り扱いもいまだ不透明です。

Zcashの売買・取引を行うなら、Bithumb、Binance、Bitfinex、bittrexなどの海外取引所での取引がオススメでしょう。

 

 

マネーロンダリングの危険性や政府の規制は?

匿名通貨 マネーロンダリング

高いセキュリティーレベルを実現化し、利用者のプライバシー重視の匿名通貨ジーキャッシュですが、一部ではテロリストや暴力団などの反社会的組織や脱税行為の際のマネーロンダリングに利用される危険性を孕んでいると懸念されています。

全ての金融取引に対して「透明化・可視化」を求める政府が、匿名通貨の取引に対して介入する可能性や取引が規制される可能性は捨て切れません。

しかし、JPモルガンを始めとする一般金融機関との提携は、Zcashにとって大きなチャンスであることは間違いないと言えます。

さらに、イーサリアムが2017年10月のビザンチウムアップデートで匿名性の高い取引を実装したことからも、金融機関を介して行われる金融取引も今後、匿名での取引化が進むことが予想されます。個人情報の管理の重要性が叫ばれる中、匿名通貨の存在は利用方法などに一定の危険性が懸念されるものの、マーケットのニーズは高まっていくと考えられます。

健全な金融取引のフィールドでZcashがより多く利用されることは、匿名通貨にとっては追い風となるでしょう。

 

 

-ジーキャッシュ 特徴

Copyright© 仮想通貨の口座開設!~ビットコイン取引から購入の流れ~ , 2018 All Rights Reserved.