EOS(イオス) 特徴

新しい仮想通貨EOSとは?コインの特徴・メリット・デメリットは?

投稿日:

仮想通貨EOSの特徴

EOS 仮想通貨

仮想通貨イオスは、株式会社block.oneによって開発され2017年に公開されましたばかりの新しい仮想通貨です。

通貨の単位はEOSで、発行上限枚数は10億EOS、発行済み枚数は現時点でおよそ6億3000万EOSとされています。

イオスそのものには、まだ何の利用価値もないと言われています。それは決済に使うことができず、プラットフォーム内で使われることもないからです。イオスはDappという分散型のアプリケーションに特化したプラットフォームで、企業間で業務のサポートなど、幅広く活用されることを想定して開発されています。

イオスの6月のICOでは、10億トークンのうちの2割、2億トークンが上場して最初の5日間で配布され、7月1日からイオスのトークンの7割である7億トークンを、24時間ごとに200万トークンずつ、350日間かけて配布されることになっています。残りの1割である1億トークンは運営が保有しています。

ICOの期間がとても長いというのもイオスの特徴でもあります。

そしてイオスは、ICOが終わってから48時間以内には移転できないという特性もあります。ICOの資金調達のためだけに開発されたとも言えますが、イオスのトークンそのものは、開発会社block.oneの株式とも言えるでしょう。

そして、イオスそのものには利用価値がないと言われているもう一つの興味深い理由があります。それは、イオスがイーサリアムのプラットフォームを借りて開発されていることです。

現在のイオスは試験運転中のようなもので、それが終わったら独自のプラットフォーム上で本格的にプロジェクトをスタートさせると言われています。現在、市場に出回っているEOSも、本当はイーサリアムのトークンでもあり、正式名をERC20といいます。

もしイオスの試験運転が失敗に終わった場合は、EOS、ERC20が本当に無価値と化してしまいます。その時、保有者からの訴訟を起こされることなどを想定して、開発元がイオスは利用価値がないと言っているという説もあります。

また、イオスはイーサリアムと同じ技術である「スマートコントラクト」を採用しています。この技術により、契約した内容や情報をブロックチェーンに即時に保存することができます。

さらに、決済を処理するスピードであるトランザクションだとイオスは、他の仮想通貨よりも1秒あたりの処理件数が段違いに多いことが大きな優位点です。フェースブックが1秒あたり52000件、グーグルが40000件ですが、イオスは1秒あたりに何百万件も処理が可能だと言われています。そして驚くことに、取引手数料が無料となっています。

 

 

EOSのメリットとデメリット

EOS メリット・デメリット

EOS(イオス)のメリットは、一つはイーサリアムのプラットフォームを借りて開発しているので、イーサリアムの優れた技術「スマートコントラクト」などを搭載することができるという点が挙げられます。

そして、トランザクションの処理がかなりの高速で、取引手数料も無料であることから、今後幅広く使われるようになれば、イーサリアムなどの仮想通貨をあらゆる面で凌駕する可能性を秘めていることでしょう。

一方でデメリットはやはり、今のところ決済などで使われる予定がないことでしょう。

現在のEOSの価格などに関わらず、プロジェクトが失敗に終わる可能性も少なからずあります。本当に、イオスそのものに価値がなくなってしまう危険性もはらんでいるということです。

 

 

EOSの将来性、売買できる取引所について

EOS 将来性

イオスは2017年の公開直後から、いきなり時価総額トップ10に躍り出ました。

6月のICOを終えてから、前日比で300%を越える上昇を見せた日もありました。1EOSあたりおよそ1ドルからスタートして、一時期は1EOSあたりおよそ5ドルまで高騰したこともありました。

しかし、イオスそのものには利用価値がないということから価格は徐々に下落して、2017年9月には1EOSあたり1ドルを下回ると、それからも下落は続いて、10月には1EOSあたり0.5ドルを下回ったこともありました。時価総額も一時期30位台に落ち込みました。

それでも11月の終わり頃から価格は少しずつ回復するようになりました。今年に入り、1月中旬頃から仮想通貨が軒並み8割以上の暴落するなか、1月13日に最高値である市場に18.11ドルを記録したEOSは、大幅に下落することもなく緩やかな右肩上がりで推移しています。

そんなイオスの将来性はやはり、イオスのプラットフォームが活発に使用されるようになるかどうかでしょうか。インターネット上で、SNSなどのやり取りから人の感情値を読み取って、未来に起こる出来事を予測するウェブ・ボットという人工知能があります。それによると、イオスは2018年内にも実用化されれば大幅に価格が上昇する、と予測されています。

イオスは日本の仮想通貨取引所には上場されていないので、海外の取引所で購入することになります。

挙げられる海外の取引所として、一つはビットフィネックスという香港の取引所です。過去に2度もハッキングの被害に遭っていますが、現在はセキュリティに力を入れているので安心して利用することができるでしょう。

2つめは中国の取引所であるバイナンス、取り扱っている通貨は現在100近くにもなる最大級取引所になります。取引所独自で発行されているBNBを使用して取引を行うと、手数料が最大で0.05%安くなります。

3つめはイギリスの仮想通貨取引所であるヒット・ビーティーシーです。ヒット・ビーティーシーには、ビットコインをはじめイーサリアムなど、有名な仮想通貨が多く上場されています。

EOSは、これから発展途上の通貨なので、まだまだ価格が安いです。これからの値上がりに期待をかけ投資しておくのもいいと思います。

 

 

-EOS(イオス) 特徴

Copyright© 仮想通貨の口座開設!~ビットコイン取引から購入の流れ~ , 2018 All Rights Reserved.