Stellar 特徴

仮想通貨Stellar(ステラ)の特徴!リップルとの関連性と利便性・価格上昇期待も高い!

更新日:

仮想通貨Stellar

Stellar(ステラ)は、仮想通貨Ripple(リップル)を元に作られた仮想通貨です。

通貨単位は「XLM」と表示されルーメンと呼ばれています。銀行・決済システム・人をつなぐプラットホームという説明がなされることが多いです。

Stellarの開発経緯

ステラ 開発

Stellarはジェド・マケーレブ氏らによって開発され、2014年にリリースされました。

ジェド・マケーレブ氏と言えば、マウントゴックスの創業者であり、仮想通貨事業のカリスマとも呼ばれる人物です。一時は世界最大級の取引所を作った人物が開発した仮想通貨とあって、リリース当時から注目されている仮想通貨です。

 

StellarとRippleの関係とは

冒頭で記したようにStellarはRipple(リップル)を元にして開発された通貨ですが、その思想は各々の通貨で大きく異なります。

まず、2つの通貨では利用対象者が異なっており、Ripple(リップル)は金融機関での利用、Stellar(ステラ)は個人での利用をターゲットとしています。

現在、世界で使われている金融システムは仕組みが複雑で、取り引き時の手数料が高く、送金にも時間がかかってしまうのがネックとなっています。国内での資金のやりとりではあまり実感しにくいですが、国外に目を向けると個人口座を持っていない人はたくさんいます。そうした人たちでも利用できるようなプラットホームとして作られたのがStellarなのです。

StellarはRippleを元にしているものの、金融機関仕様のリップルから個人利用仕様に特化させるためにいくつかリップルに変更を加えています。これらの変更によるStellarの特徴を以下でご紹介します。

 

 

Stellarの特徴

Stellar 決済

Stellarの決済システム

Stellarにおける決済に使われるプロトコルは基本的にRippleと同じです。

それぞれの通貨で異なるのは対象としている利用者です。Rippleは、元々金融機関などの法人のための仮想通貨として開発されました。そのため、提携金融機関とあらかじめシステムを接続して処理の高速化を行っています。

一方で、Stellarは法人機関ではなく個人利用を目的としています。そのため、個人が扱う少額取引の決済に特化しており、Rippleよりも高速にブロックチェーンの承認処理が行われるようになっています。

 

Stellarの発行数

Stellarの発行量は、リリース当初は1000億枚の発行がされています。

そして、この発行量は1年ごとに1%ずつ増えるように作られています。発行量が毎年増えるとどうなるかというと、市場に出回っているStellarの通貨量が増えることでStellarの価値が急激には上がりにくいという面があります。

発行総量が一定だと、発行数が少ないまま利用者が増え、需要が高まると急激に価格が上る可能性があります。Stellarは毎年発行量を少しずつ増やすことで、こうした価格変動のリスクを抑えています。これに対してRippleは、初期に発行された1000億XRPが上限となっているので、リップルは価格が上昇しやすいという面があります。

 

Stellarの承認プロトコル

Stellarは、Rippleから派生している通貨のため、当初の基本的なアルゴリズムはRippleと同じでした。

Rippleでは、「XRP Ledger Consensus Process」というアルゴリズムを採用していました。このアルゴリズムでは特定の承認ノードを決め、その承認ノードのうち80%以上が合意すると取り引きが承認され、分散型台帳に記録されるという仕組みです。元々個人利用を想定していないので、こうした方式が採用されています。個人利用をする場合は、80%の承認を待つことには冗長性があるとも言えます。

そこで、Stellarは独自のプロトコルを開発しました。「Stellar Consensus Protocol」、通称SCPです。このプロトコルではRippleのような中央集中型の管理からの脱却を果たしています

SCPでは、各ノードがそれぞれに他のどのノードを信用するかを判断することができます。ノードから信頼されているノードが重複しているほどネットワークの信頼性が保障できます。インターネット認証やDNSサーバの仕組みに似ているとも言えます。

 

Stellarの安全性

Stellar 安全性

まず、Stellarの開発は非営利団体によって運営されています。つまり、開発企業の利益のための通貨ではありません。

開発団体の透明性や安全対策などに重きを置いて運営がなされています

そのため、開発状況や、予算、各種プログラムの詳細なども一般公開されています。Stellar Development Foundationの公開する最新の情報を自分で将来性を判断する材料にすることができます。

 

 

Stellarの取り扱い取引所

Stellar 取引所

日本国内でStellarの取引を扱うには、「Mr.Exchange」という取引所でしか取り扱っていません。

Stellarはまだ開発されてから日も浅いので、日本で浸透していないため、主には海外の取引所で取り扱われています。具体的には、poloniexやbittrex、Binanceなどです

poloniexは世界最大級の仮想通貨取引所なので、Stellarをはじめとした新しい通貨の取り扱いが豊富です。価格の低いうちから新しい通貨を取引したいという人は口座を作っておくのもいいでしょう。bittrexは特にアルトコインの取り扱いに特化しています。アルトコインの取り扱い数は190を越えます。

日本の取引所ではまだ取り扱われていない通貨はたくさんあります。海外の取引所でも口座開設をしておくと取引できる仮想通貨の銘柄も増えるので、幅も広がってくるでしょう。

 

Stellarの将来性

Stellarリリース以降の価格変動を見てみると、2017年以前はしばらく0.3円以下のところで安定していました。2017年春頃から仮想通貨が一般に認知され始め、利用者が急増したあたりで一気価格上昇がありました。

現在、2018年に入って再び落ち着いてきたというところです。仮想通貨界全体の流れを汲んでいるという感じですね。

Stellarの価格変動は、中でもRipple(リップル)の価格変動と連動しているところがあります

開発目的を考えるに、今後、これまで金融機関を利用していなかった人が参入するなどすれば、Stellarの価値はより高くなっていくでしょう。一方で、不当な価格変動に対する対策も考慮されているので、急激に高騰するというよりも安定して取引できるという面が大きいと言えそうです。

 

 

-Stellar 特徴

Copyright© 仮想通貨の口座開設!~ビットコイン取引から購入の流れ~ , 2018 All Rights Reserved.